Help us understand the problem. What is going on with this article?

【今更】Zabbixのicmpping監視について

More than 1 year has passed since last update.

Zabbixのicmppingですが、実際はfpingを実行して値を取得してます。

なので、icmpping監視を設定している場合、下記のようにpsコマンドを実行するとタイミングが合えばfpingのプロセス情報が取得できます。

]# ps -ef|grep fping
zabbix   20186  1494  0 16:52 ?        00:00:00 sh -c /usr/sbin/fping -C3 2>&1 </tmp/zabbix_server_1494.pinger;/usr/sbin/fping6 -C3 2>&1 </tmp/zabbix_server_1494.pinger;
zabbix   20187 20186  0 16:52 ?        00:00:00 /usr/sbin/fping -C3
root     20189 20149  0 16:52 pts/0    00:00:00 grep fping

因みにfping実行の際、複数ホストにpingを行う機能があり、Zabbixも利用しています。ホストのリストは「/tmp/zabbix_server_PID.pinger」というファイルが監視タイミングで作成されます。

]# cat /tmp/zabbix_server_1494.pinger
192.168.xxx.101
192.168.xxx.102
127.0.0.1

上記はicmppingの第1引数の\以外の引数が同じicmppingを3つ登録した場合になります。

で、実際にfpingを実行すると、以下の様な情報が取得されます。

]# /usr/sbin/fping -C3 2>&1 </tmp/test.tmp 
127.0.0.1       : [0], 96 bytes, 0.03 ms (0.03 avg, 0% loss)
192.168.xxx.101 : [0], 96 bytes, 0.02 ms (0.02 avg, 0% loss)
127.0.0.1       : [1], 96 bytes, 0.06 ms (0.04 avg, 0% loss)
192.168.xxx.101 : [1], 96 bytes, 0.02 ms (0.02 avg, 0% loss)
ICMP Host Unreachable from 192.168.xxx.xxx for ICMP Echo sent to 192.168.xxx.102
ICMP Host Unreachable from 192.168.xxx.xxx for ICMP Echo sent to 192.168.xxx.102
127.0.0.1       : [2], 96 bytes, 0.02 ms (0.03 avg, 0% loss)
192.168.xxx.101 : [2], 96 bytes, 0.02 ms (0.02 avg, 0% loss)

192.168.xxx.102 : - - -
127.0.0.1       : 0.03 0.06 0.02
192.168.xxx.101 : 0.02 0.02 0.02

※:192.168.xxx.102は存在しないIPアドレスです。

上記結果で下記のフォーマとに一致し、回数が0から-C オプションに指定した回数までが一つでも存在する場合レスポンスがあったと判断します。

               回数
IPアドレス  :  [n] …



icmpping監視には下記の3つがあります。

icmpping[<target>,<packets>,<interval>,<size>,<timeout>]
icmppingloss[<target>,<packets>,<interval>,<size>,<timeout>]
icmppingsec[<target>,<packets>,<interval>,<size>,<timeout>,<mode>]

icmppingsec監視のみ第6引数があり、min、max、avg(デフォルト)のいずれか1つを指定します。

第2引数~第5引数のfpingオプションの対応は以下になります。 また、第2引数以外はZabbixのデフォルトとfpingのデフォルトは同一になります。

icmpping[<target>,<packets>,<interval>,<size>,<timeout>]

第2引数 <packets>
 Zabbixのデフォルト:3回
 fpingのオプション -C

第3引数 <interval>
 Zabbixのデフォルト:1000ミリ秒
 fpingのオプション -p

第4引数 <size>
 Zabbixのデフォルト:68バイト
 fpingのオプション -b

第5引数 <timeout>
 Zabbixのデフォルト:500ミリ秒
 fpingのオプション -t


icmpping[<target>,<packets>,<interval>,<size>,<timeout>]

icmpping監視は「IPアドレス : [n]」が
 1回でもあれば1
 1回も無ければ0
を返却します。


icmppingloss[<target>,<packets>,<interval>,<size>,<timeout>]

icmppingloss監視は「IPアドレス : [n]」の回数をカウントし、
 (-Cオプションの設定値 - 回数) / -Cオプションの設定値 * 100
を返却します。


icmppingsec[<target>,<packets>,<interval>,<size>,<timeout>,<mode>]

icmppingsec監視は「IPアドレス : [n]」の有効な応答時間からmin(最小)、max(最大)、avg(平均)を算出し、
 <mode>に指定したmin max avgに対応する値を
を返却します。
但し、有効な応答時間が1回もなかった場合は0が返却されます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away