Edited at

Node-REDを使ってECHONET Lite機器を制御1

More than 1 year has passed since last update.

Node-REDを使ってECHONET Lite機器を制御する1

本記事ではWindows PCにNode-REDを走らせ、ECHONET Lite機器を制御する方法を説明します。

まずは、環境のセッティングまで。


node.jsのインストール

https://nodejs.org/en/ 

にてnode.jsインストールファイルをダウンロードし、実行。

*「v4.5.0 LTS」で動作確認。


Node-REDのインストール

Windowsメニューの「すべてのプログラム(アプリ)」から「Node.js command prompt」を起動し、インストール。

npm install -g node-red

*エラーが出ることもあるが、最後にディレクトのツリー構造が表示されれば問題ないらしい。

Node-REDが動作するか確認するため、Node-REDを起動。

node-red

ブラウザを起動し、http://localhost:1880 

へアクセス。

下記画面となれば、Node-REDは動作している。



「Node.js command prompt」の右上の「☓」印をクリックし、一旦終了。


echonet-liteモジュールをインストール

echonet-liteモジュール詳細については下記参照。

http://qiita.com/Sugimura-Laboratory/items/28bce5212c3cff30a42b

Windowsメニューの「すべてのプログラム(アプリ)」から「Node.js command prompt」を起動

Node-REDを起動。

node-red

起動時に出てくる情報から、「settings.js」の場所を特定。

[info]Settings file : ディレクトリ名

「settings.js」ファイルをテキストエディタで開き、「functionGlobalContext」というワードを検索。

2つ見つかるので、2つ目の「functionGlobalContext」内に一文追加。

echonetlite:require('echonet-lite')



「Node.js command prompt」をアクティブにし、「CTRL」+「C」でNode-REDを止めて、「settings.js」ファイルがあるディレクトリへ移動。

cd ディレクトリ名

echonet-liteモジュールをインストール。

npm install echonet-lite

「Node.js command prompt」の右上の「☓」印をクリックし、一旦終了。


Node-REDの起動

Windowsメニューの「すべてのプログラム(アプリ)」から「Node.js command prompt」を起動。

Node-REDを起動。

node-red

ブラウザを起動し、http://localhost:1880 

へアクセス。