Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacでRaspberry Piにraspbianをインストールする

放置していたRaspberry Piを動かしてpythonを実行するリモートサーバにしたので、メモとしてまとめておく。また、開発・実行環境はかっこよくDockerを用いることにした。今回はOSのインストールから簡易な設定まで

Raspberry PiにRaspbianをインストール

ssh接続を用いればOSのインストールから設定までマウスもキーボードもスクリーンも必要ないらしい。

イメージを焼く〜簡易な設定まではこちらこちらを参考にした。

まずRaspbianのOSのイメージをダウロードしてくる。デスクトップ+recommended software, デスクトップ, Liteの三種類が存在するが、今回はサーバとして動かす目的でデスクトップは必要ないと思われるので、Liteを選んだ。
SDカードを差し込んだのち、以下のコマンドを実行してSDカードがどこに認識されているかを調べる。

$ diskutil list

/dev/disk0 (internal):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                         251.0 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     314.6 MB   disk0s1
   2:                 Apple_APFS Container disk1         250.7 GB   disk0s2

/dev/disk1 (synthesized):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      APFS Container Scheme -                      +250.7 GB   disk1
                                 Physical Store disk0s2
   1:                APFS Volume Macintosh HD            234.8 GB   disk1s1
   2:                APFS Volume Preboot                 45.5 MB    disk1s2
   3:                APFS Volume Recovery                528.0 MB   disk1s3
   4:                APFS Volume VM                      3.2 GB     disk1s4

SDカードを差し込む前後で表示される内容に差があるので、その新しく追加されたマウントがSDカードである。

/dev/disk2にSDカードがマウントされていることがわかったので、フォーマットする。

$ diskutil unMountDisk /dev/disk2
$ diskutil eraseDisk FAT32 [デバイス名] /dev/disk2

デバイス名は適当に。
ダウロードしてきたイメージを焼く。

$ diskutil unMountDisk /dev/disk2
$ sudo dd bs=1m if=2019-09-26-raspbian-buster-lite.img of=/dev/rdisk2 conv=sync

このあと焼いたSDカードに空のファイル/Volume/boot/sshを作成する。このファイルを作っておくことで、デフォルトでRaspberry PiにSSHデーモンが立ち上がり、ssh接続ができるようになるらしい。

$ touch /Volume/boot/ssh

ssh接続と初期設定

ssh接続するためには、IPアドレスを確認しなければならない。デフォルトでは、DHCP(IPアドレスが動的に割り当てられる方式)でIPアドレスが設定されるので、すぐにはわからない。今回は、たまたまルータの設定アプリからIPアドレスを確認できた。デフォルトusername: pi, password: raspberryでログインすることができる。

$ ssh pi@[IPアドレス]
$ pi@[IPアドレス]’s password:
$ pi@raspberrypi ~ 

今回は固定IPアドレスを追加しなかったが、追加したい場合は参考URLから。

パスワードの設定

$ sudo passwd root

hoge ユーザの追加

$ sudo adduser hoge

hogeユーザにsudo権限

$ sudo gpasswd -a hoge sudo

piユーザをsudoから外す

$ sudo gpasswd -d pi sudo

今回はここまで、この後Dockerのインストールへと続く

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away