Edited at

Visual Studio CodeでProcessingを動かす

More than 1 year has passed since last update.


外部エディタに栄光あれ

Processingのカラースキームが気に食わないときがある。外部エディタをつかって自分の好きなようにやりたい。


Processing側の設定

事前に「Processingのメニュー>ツール>processing-javaをインストール」を実行しておく。


Visual Studio Code側の設定

使用する拡張機能は Processing Language

拡張機能をインストール・再読込する。

自分のスケッチフォルダに.vscode/tasks.jsonの隠しファイルを生成して、jsonファイルに以下の内容を記述する。


tasks.json

{

"version": "0.1.0",
"command": "processing-java",
"isShellCommand": true,
"showOutput": "never",
"args": [
"--force",
"--sketch=${workspaceRoot}",
"--output=${workspaceRoot}\\out",
"--run"
]
}

補足 :"--output = ... で始まる行をコメントアウトしないと動かなかった。各自のディレクトリ構成と相談してほしい。

cmd + shift + Bでスケッチが走るはず。動かなかったらエディタ再起動してみる。

最近の筆者のお気に入りテーマはarstotzkaである。本編はプレイしたがまだエンディングを全部は見ていない。

アルストツカに栄光あれ。