Help us understand the problem. What is going on with this article?

iptables 覚書

More than 1 year has passed since last update.
iptables [-t table] -A
         [-t table] -L
         [-t table] -D
         [-t table] -F
         [-t table] -I
         [-t table] -P
         [-t table] -N

-A

append。設定を最後尾に追加。

-L

line numbers。設定内容表示。

-D

delete。設定を削除。

-F

flush。指定したチェーンすべてを削除。

-I

insert。先頭に設定を追加。ルール番号を指定すると任意の場所に挿入される。

-P

チェーン内全体で有効なターゲットを定義する。既定値は ACCEPT。

-N

new。新しいチェーンを作成する。

テーブル

-t table

filter

パケットフィルタリングを参照するテーブルを指定する。

nat

新しいセッションを開くパケットが参照するテーブルを指定する。

mangle

特別なパケットが参照するテーブルを指定する。

チェーン

処理を適用するパケットのグループ。

INPUT

受信パケット

OUTPUT

送信パケット

FORWARD

転送パケット

PREROUTING

受信時の宛先アドレスを変換する。

POSTROUTING

送信時の送信アドレスを変換する。

ルール

処理を適用するパケットの検索条件。
! を指定すると条件を反転させることができる。

-p [!] protocol

使用するプロトコル。 tcp / udp / icmp / all

-s [!] address [/netmask]

送信元アドレス。 IP アドレスまたはホスト名を指定する。

-d [!] address [/netmask]

接続先アドレス。 IP アドレスまたはホスト名を指定する。

--sport port

送信先ポートを指定する。

--dport port

送信元ポートを指定する。

-i interface

パケットを受信するインターフェイスを指定する。
例) eth0, eth1 など

-o interface

パケットが出ていくインターフェイスを指定する。
例) eth0, eth1 など

-m module

モジュールを指定する。 -p オプションで暗黙に指定される為、省略が可能。

--icmp-type [!] type

ICMP のタイプ名を指定する。
ICMP タイプ名は iptables -p icmp -h で確認することができる。

ターゲット

パケットがルールに合致した場合に実行する処理を指定する。

-j target

ACCEPT

パケットの通過を許可する。

DROP

パケットを破棄する。(パケットの通過を拒否する)

RETURN

チェーン内のルール評価を終了する。

MASQUERADE

-t nat-A POSTROUTING と同時に用いて
送信元 IP とポート番号を書き換える。

REJECT

パケットの受信を拒否し、 ICMP メッセージを返信する。

PREROUTING

特定のポートへリダイレクトする。

LOG

ログを採取する。

SNAT

パケットの送信元アドレスを修正する。
nat テーブルの POSTROUTING チェーンでのみ利用可能。

DNAT

パケットの送信先アドレスを修正する。
nat テーブルの POSTROUTING チェーンでのみ利用可能。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away