Edited at

ufw initscript 覚書

More than 3 years have passed since last update.

/etc/default/ufw のコメント行の和訳。


IPV6

IPV6=yes

IPv6 サポートをルールへ適用する場合は yes を設定する。

(loopback 上の IPv6 以外も許可する)

変更を適用する為に下記のコマンドで ufw を再起動する必要がある。

ufw disable && ufw enable


DEFAULT_INPUT_POLICY

DEFAULT_INPUT_POLICY="DROP" | "ACCEPT" | "REJECT"

既定の受信ポリシーへ ACCEPT, DROP, または REJECT を設定する。

設定を変更した場合、ルールの調整が必要となることが多い。


DEFAULT_OUTPUT_POLICY

DEFAULT_OUTPUT_POLICY="ACCEPT" | "DROP" | "REJECT"

既定の送信ポリシーへ ACCEPT, DROP, または REJECT を設定する。

設定を変更した場合、ルールの調整が必要となることが多い。


DEFAULT_FORWARD_POLICY

DEFAULT_FORWARD_POLICY="DROP" | "ACCEPT" | "REJECT"

既定の転送ポリシーへ ACCEPT, DROP, または REJECT を設定する。

設定を変更した場合、ルールの調整が必要となることが多い。


DEFAULT_APPLICATION_POLICY

DEFAULT_APPLICATION_POLICY="SKIP" | "ACCEPT" | "DROP" | "REJECT"

既定のアプリケーションポリシーへ ACCEPT, DROP, REJECT

または SKIP を設定する。ACCEPT を設定した場合、

セキュリティリスクとなる場合がある。詳細は man ufw を参照。


MANAGE_BUILTINS

MANAGE_BUILTINS=no | yes

既定では ufw は ufw 自身のチェーンのみを操作する。

yes を指定した場合、 ufw は組込みのチェーンも管理する。

Warning:

yes を指定した場合、 ufw 以外のアプリケーションが管理する

ファイアウォールのルールも改変する。


IPT backend


IPT_SYSCTL

IPT_SYSCTL=/etc/ufw/sysctl.conf

iptables バックエンドを使用する場合のみ有効にする。


IPT_MODULES

IPT_MODULES="nf_conntrack_ftp nf_nat_ftp nf_conntrack_netbios_ns"

拡張接続トラッキングモジュールの読込設定。

完全なリストはカーネルソースの net/netfilter/Kconfig を参照。


一般的なモジュール


DCC (Direct Client to Client) support


  • nf_conntrack_irc

  • nf_nat_irc


NetBIOS (samba) client support


  • nf_conntrack_netbios_ns


PPTP over stateful firewall/NAT


  • nf_conntrack_pptp

  • nf_nat_pptp


active FTP support


  • nf_conntrack_ftp

  • nf_nat_ftp


TFTP support (server side)


  • nf_conntrack_tftp

  • nf_nat_tftp