LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

S3オブジェクトを公開してみた

S3でバケット作成→オブジェクト登録から、インターネット経由で閲覧、までの記録です。
AWS初学の方向けの記事となっておりますので、ご了承くださいませ。

また、誤っている点があれば、コメントをいただけますと幸いです:pray_tone1:

※本記事は2020年9月29日時点の情報です。

全体フロー

以下のフローで実施していきます。

  • バケットの作成
  • オブジェクトの登録
  • 公開の設定・確認

バケットとオブジェクトを作成して、その後公開の設定を行います。
(バケットはフォルダ、オブジェクトはファイル、と考えるととても親しみがもてました)

また、S3はオブジェクト毎にURLが付与されるため、公開設定をすればインターネットを経由して誰でも閲覧することができます。(サーバでマウントしてexportしなくても良い:couplekiss:)

バケットの作成

まずはじめに、S3バケット(フォルダ的なもの)を作成します。

AWSマネジメントコンソールから、「S3」と検索し「S3マネジメントコンソール」に移動します。

img 2020-09-29 9.14.19.png

S3マネジメントコンソールより、「バケットを作成する」を選択し、バケットを作ります。
すでにバケットを作成している場合は、下の画面のようにいくつかバケットが表示されます。

img 2020-09-29 9.20.03.png

バケットの作成画面で「バケット名」を入力します。
バケット名は一意である必要があるため、作成日を付与すると一発で作成しやすいです。

img 2020-09-29 9.21.03.png

そのほかは全てデフォルトで「次へ」を選択します。
以降のページも全てデフォルトのままです。参考に画面だけ掲載させていただきます

(2枚目・・デフォルト設定のまま)

img 2020-09-29 9.21.27.png

(3枚目・・デフォルト設定のまま)

img 2020-09-29 9.21.39.png

(4枚目・・デフォルト設定のまま)
最後に「バケットを作成」を選択します。

img 2020-09-29 9.21.45.png

ここまででバケットの作成が完了です。
S3マネジメントコンソールに作成したバケットが表示されているはずです。

オブジェクトの登録

バケット(=フォルダ)ができたので、中身のオブジェクト(=ファイル)を登録していきます。

作成したバケット名をクリックして、オブジェクトの登録を行っていきます。

img 2020-09-29 9.23.32.png

「アップロード」を選択して・・

img 2020-10-02 21.14.41.png

「ファイルを追加」を選択します。
ダイアログ画面が表示されるので(見られても良い)ファイルを選択します。

img 2020-09-29 20.58.20.png

画面に選択したファイルが表示されるので、「次へ」を選択します。
以降、デフォルトのまま「次へ」を選択していきます。

img 2020-09-29 20.59.50.png

「次へ」
パブリックアクセス権はデフォルトでは無効となっていますので、後ほど設定していきます。

img 2020-09-29 21.00.16.png

「次へ」
S3のタイプです。文末で補足させて頂いております。

img 2020-09-29 21.00.55.png

「次へ」
スクロールしてデフォルトのまま進めます。

img 2020-09-29 21.01.16.png

最後に公開するファイルを再度確認し、「アップロード」を選択します。

img 2020-09-29 21.01.29.png

ファイルがアップロードされたことが確認できると思います。

img 2020-09-29 21.01.37.png

公開の設定・確認

ここまでで、バケット(=フォルダ)を作成し、中身のオブジェクト(=ファイル)を登録するところまで完了しました。
なので、次は公開の設定を行います。

バケット(=フォルダ)のアクセス設定を変更して、オブジェクト(=ファイル)を公開します。

公開設定後は、オブジェクト毎に付与されるオブジェクトURLを用いることでインターネット経由での閲覧が可能となります。

試しに、現在の状態でインターネット経由でアクセスしてみます。
(デフォルトで設定のため、パブリックアクセス無効となっており、アクセスはできません)

作成したオブジェクトの左側にチェックボックスがあるので、選択すると「オブジェクトURL」が表示されます。

img 2020-09-29 21.05.01.png

「オブジェクトURL」のリンクをクリックしますと・・

img 2020-09-29 21.05.05.png

「AccessDenied」となり、フツーにアクセスできません。

なので、公開の設定をして、実際にアクセスできるようにしていきます。

バケットのパブリックアクセス設定

まずは、バケット(=フォルダ)のパブリックアクセス設定を行います。

バケット(=フォルダ)に対する設定変更なので、バケットの中身が表示されている画面であることを確認し、「アクセス権限」のタブを選びます。

img 2020-09-29 21.06.24.png

現在の設定は「パブリックアクセスを全てブロック」となっていますので、これをやめるため、「編集」を選択します。

img 2020-09-29 21.06.37.png

「パブリックアクセスをすべてブロック」のチェックを外し、「保存」を選択します。

img 2020-09-29 21.06.51.png

「確認」と入力をせよ、とのことなので入力します。

img 2020-09-29 21.06.59.png

これでバケットの公開設定は完了です。

オブジェクトの公開設定

バケット(=フォルダ)のパブリックアクセス設定が終わったので、オブジェクト(=ファイル)の公開を行います。

オブジェクト名の左脇のチェックボックスにチェックを入れ、「アクション」から「公開する」を選択します。

img 2020-09-29 21.09.23.png

もう一回「公開」を選択すれば完了です。

img 2020-09-29 21.09.30.png

オブジェクトURLをクリックすると、インターネット経由で閲覧できることが確認できると思います。
今回はここまでで完了となります。

補足

オブジェクトをアップロードする際のストレージタイプについて補足です。
(下にいくにつれ安価)

タイプ 特徴 耐久性
スタンダード 汎用型、高頻度アクセス向け 複数AZに跨っており、かつ耐久性99.999999999%(9が11個でイレブンナイン)
インテリジェントな階層化 高頻度用と低頻度用にアクセス階層が分けられ、30日間アクセスのないオブジェクトは低頻度アクセス層へ自動移動、アクセス頻度が不明な場合に便利 スタンダードと同等
標準IA 低頻度用(InfrequentAccess)、災害対策用のDRサイト等に有用、データ読み出し量に対し課金 スタンダードと同等
1ゾーンIA 低頻度用、複数AZに跨らないため可用性は落ちる、重要でないデータ向け 一つのAZのみであるため可用性はスタンダードと比べ少し落ちる、耐久性99.5%
Glacier データ抽出にコストと時間がかかるが安い、バックアップ保存先向き スタンダードと同等
Glacier Deep Archeive 1-2回しか使用しない長期(7-8年)データ保管向け、一番安い スタンダードと同等

参考文献

以上、長々とお付き合いいただきありがとうございました。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0