Help us understand the problem. What is going on with this article?

Javaでは循環参照によるメモリリークは発生しない。

More than 3 years have passed since last update.

Javaの開発を現役で5年ほどやって来ましたが、1つ勘違いしていたことがありました。
Javaでは循環参照してもメモリリークは発生しないのです。
すごく今更ですね。

確かに、Javaのメモリ解放は リファレンスカウンタ式ではない ため、前々から循環参照しないのでは?と思っていましたが、一応循環参照する部分はWeakリファレンスにしたり、Androidで言うなら破棄するタイミングでnullを入れたりしていました。

JavaのGCは ルートからたどっていってたどり着かなかったものを開放する ということは常に頭に入っていたので、循環参照しないのでは?と思いつつも、実際に答えを出さないままでした。
今更で当たり前かもしれないですが、実はこの事実を知らない人はいるのでは…?

実験

Test.java
public class A {
    public final String message;
    public A ref;

    public A(String message) {
        this.message = message;
    }

    @Override
    protected void finalize() throws Throwable {
        System.out.println(message);
        super.finalize();
    }
}

public class Main {
    public static void execute() {
        A a1 = new A("a1 release.");
        A a2 = new A("a2 release.");

        a1.ref = a2;
        a2.ref = a1;
    }

    public static void main(String[] args) {
        execute();
        System.gc();

        try {
            Thread.sleep(10000);
        } catch (InterruptedException e) {
        }
    }
}

実行結果は、

a2 release.
a1 release.

でした。
結果、循環参照していてもきちんと開放される。

finalize() はオブジェクトがGCの対象となった時にコールされます。(その前にプロセスが終了した等の場合は呼び出されないようです)
finalize() がコールされ、その後のGCで開放されます。
つまり、ちゃんとGCの "対象" にされたということです。

GCのコストを考えれば、やはりこの程度のメリットもあるわけですね。
ということは(ネイティブを除き)Javaでメモリリークに気をつけないといけない場面というのは、不要なオブジェクトを「いつまでも保持しない」という点だけでしょうか?

いつかは正しく開放されるけど、不要なオブジェクトを参照しているとその不要なものは開放されない = 一応、メモリリーク

安全な言語ですね。
でも、GCのコストはやはり高い。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした