Help us understand the problem. What is going on with this article?

【アウトプット】やりたいことからRubyを最速で学ぶ・その1「作りたいものを考える」

はじめに

Qiitaをご覧になっているエンジニアのみなさん、アウトプットはしていますか?
アウトプットすることで学習効率が確実に上がります!

「ドキッ!ぼく、問題練習ばっかりしている・・・」

というそちらの方。大丈夫さぁ〜!それでこの記事を書きました。あなたのために!

効果的な学習法は、アウトプットです。自分でオリジナルプログラムを作ることです。
オリジナルプログラムを作る流れを説明していますので、最後まで読めばきっとRubyの基礎を理解できるはずです!

対象となる読者

本記事は次の方々へ向けて書かれています。

  • プログラミング初心者でRubyを学びたい
  • Rubyは少し触れたけど、まだイマイチ分からない
  • とりあえず何か作ってみたい!

といった人たちにわかりやすく伝えるつもりです。

この記事で学ぶこと

本記事は、わたしがプログラミング学習2ヶ月目で作成したオリジナルプログラム「あっち、むいて、ホイっ!ゲーム」を通じて、Rubyの基礎に関する以下のような知識を学びます。

  • メソッド
  • クラス
  • 様々な処理

なお、「あっち、むいて、ホイっ!ゲーム」はいくつかの回に分けて説明する予定です。

  1. 作りたいのものを考える
  2. 機能を分解する
  3. 簡単なコードをベタ書きする
  4. コードを改善する

これを読めば、下記のようなプログラムが作れるようになっているはずです!もちろん手を動かすことも忘れずに!

作ったもの

DEMO.gif

それでは、以下が本編です!

動作環境

  • Ruby 2.6.6

作りたいものを考える

「アウトプットと言われても、、、何を作ればいいねん!」という声が聞こえてきます。

結論、何でもいいと思います!

わたしの場合は、4才の子供と「あっち、むいて、ホイっ」で遊んだことがキッカケでこのゲームを作成することにしました。
また、自身の、友人の、家族の、職場同僚の

  • 趣味
  • あったらいいなと思うもの
  • 悩み/困ったこと

などから形にするのもアリだと思います。日常生活の中に何らかのヒントがあると思います。

「あっち、むいて、ホイっ」を作成すると決めたあとは、そのゲーム処理の流れを以下のフローチャート(みたいな図)を書き起こしました。

フローチャート

あっち向いてホイっ!でおこずかいゲット.png

まとめ

本記事では、作りたいものを考えるヒントと決まったものをフローチャート(みたいな図)に書き起こすことを説明しました。

次回の記事では、書き起こしたフローチャートを元に機能分解の説明をする予定です。

参考本

  • キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者
Ikko-T
2020年3月からプログラミングを開始。日々の勉強で学んだことや自分なりに理解できたことをアウトプットしていきます! 皆様の清きLGTMをお待ちしています!
https://twitter.com/ikko1021
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした