1. HPにアクセス:https://rapidapi.com/
    file.png

  2. コール対象のアプリとメソッドを選択(例:Slack)。すると、画面右側にコードが生成される。
    file.png

  3. 「Test Function」をクリックすると、レスポンスが表示される。
    file.png

  4. 対象ファイルに組み込む。
    file.png

  5. ブラウザのデバッグ機能で、期待通りに処理が実行されていることを確認できる
    file.png

  6. 記事の例はJavascriptだが、他にも複数の言語が用意されている。
    file.png

  7. C#だとこんな感じ
    file.png

  8. 「RapidAPISDK」ライブラリは、「Dashboard」>「My Apps」でインストール方法を確認できる。
    file.png

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.