Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mac標準機能のスクリーンショットの保存先とファイル名を変更する

設定変更背景

Macはアプリなど入れなくてもスクリーンショットを取得できるのですが、

保存先がデフォルトでデスクトップであったり、

ファイル名が日本語だったり、スペースが入っていたりで、コマンドラインから操作する時は面倒だったので

設定変更をしました。

保存先

defaults write com.apple.screencapture location <ディレクトリのPATH>
killall SystemUIServer

保存先をデフォルトに戻す

defaults delete com.apple.screencapture location
killall SystemUIServer

ファイル名の変更

OS X 10.11 El Capitanより追加されたセキュリティ機能、

SIP(System Integrity Protection)によって/Systemの領域がガードされている。
rootユーザでも書き込みできないとのこと。

そのため以下のリンクのような手法では設定変更できません。

(あれこれやれば設定できるけど)

Changing the default screenshot filename

色々いじって変更してもよいが、いじって欲しくないところをいじるのはあまり好きではないので

スクリプトで対応します。(原始的(笑))

defaults write com.apple.screencapture name <ファイル名>
killall SystemUIServer

設定の確認

defaults read com.apple.screencapture
{
    "include-date" = 1;
    "last-messagetrace-stamp" = "567529840.759799";
    location = "<ディレクトリPATH>";
    name = "<ファイル名>";
}

スクリプトを作って置いておく

スクリーンショットをとると、以下のようにファイル名に空白が入るので

空白をアンダーバーに変更するスクリプトを置いておきます。

ls -l
-rw-r--r--@ 1 xxxxxx  staff  2257995 12 29 01:33 <ファイル名> 2018-12-29 1.33.35.png

cat rename.sh
#!/bin/sh
for A in $(ls | grep " " | sed -e s/" "/_/g) ; do mv "$(echo $A | sed -e s/_/' '/g)" $A ; done

追記

ぶっちゃけスクリプト使わんかった(爆)

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away