Git
GitHub

リモートで削除されたブランチをローカルにも同期する方法

More than 1 year has passed since last update.

以下のコマンドです。

$ git fetch -p

リモートリポジトリの更新情報を取得しつつ、リモートリポジトリ内で削除されたブランチをローカルでも削除してくれます。
個人的にマージ済みのブランチは削除するようにしているので、このコマンドでローカルもすっきりします。

蛇足ですが個人的には以下の流れで開発することが多いです。

  1. 開発ブランチをcheckoutして作る
  2. masterにプルリクエストを送る
  3. マージしたらGithub上で開発ブランチを削除する
  4. デプロイとか
  5. git pull origin masterする
  6. git fetch -pでローカルに同期する