Posted at

2/18日のJavaScript学習内容

More than 5 years have passed since last update.

本日は残りの制御文について学習しました。

セクションで言うと、3.3~3.10です。

3.3 for文→繰り返し回数が予め決められている時に便利なループ文。

3.4 for/in文→配列に含まれる各プロパティをそれぞれ変数に入れて繰り返しループを行う。

3.5 while文→繰り返し回数が特に決まっていない時に用い、ループさせる。真偽を行い真ならばループを行う。

3.6 do/while文→while文との相違点はこちらはまずループ処理を行ってからその値の真偽を行う。

3.7 switch文→同じ変数内で多分岐を用いるときに便利な制御文。

3.8 break文→分岐の途中でループを終了させたい時に用いるとそこでループを終了させられる。

3.9 continue文→continue文以下の処理をスキップしてその次のループに飛ばすことができる。

3.10 try/catch/finally文→エラー処理

whileを使っている文でも、forを使って書き換える事が出来るので、

一度に初期化値;条件式;更新式を述べられるfor文のほうが書くには便利だと思いました。

次回はP96 4.1 ビルトインオブジェクトから学習していきたいと思います。