Edited at

AndroidアプリでHelloWorld ~環境構築編 Part1~


はじめに

 AndroidアプリでHelloWorldをするために、Android開発の環境構築からまとめていきます。


環境


Windows10 Pro 64bit

Intel Core i7-7700K CPU 4.2GHz

メモリ 32GB



開発環境構築

 Android開発といえば、以前は eclipse というものも使っていたようですが(まだ全然使われていますw)、現在は Google が IntelliJ IDEA をベースに作った Android Studio が優秀すぎて選択の余地はありません。しかも無料とか・・・

それでは早速やっていきましょう!


1. Android Studio(3.1)のインストール


1-1. 公式サイト

 「ANDROID STUDIO 3.1 FOR WINDOWS (758 MB)」をクリック


1-2. 実行ファイルをダウンロード

 利用契約に同意して実行ファイルをダウンロードします。私の環境では5分かかりました


1-3. セットアップ開始

 セットアップ開始前に他のアプリケーション閉じたほうがいいよ~と言われるので、、すが、閉じません(笑)


1-4. AVDをインストール

 AVD(Android Visual Device) 必要なかったらチェック外してね~と言われますが外しません!!AVDとは仮想Android端末、いわゆるエミュレータというやつです。すごく容量くっちゃいますが、けっこう便利なので私は入れます


1-5. インストール場所を確認


1-6. ショートカットを作成

 スタートメニューへショートカット追加したくない方はチェックしてください!


1-7. インストール!

 私の環境だと30秒で終わりました


1-8. セットアップ完了!

 「 Start Android Studio 」にチェックを入れて自動で Android Studio が立ち上がるようにしておきます


2. Android Studio の設定


2-1. 設定の引継ぎ

 前のバージョンがあったら設定ファイルの場所を指定してください!


2-2. ようこそ!

このセットアップウィザードでは、Android SDK(Software Development Kit) と開発環境の設定をするとのこと


セットアップウィザードとは

ユーザーに必要な情報を適宜示しながら対話形式で簡便に操作できるよう工夫されたソフトウエアの機能のこと






2-3. カスタマイズするかどうか

 初めからカスタマイズしたい方はしてください。通常のままでも十分使いやすいです


2-4. UI のテーマを選択

 少年の心を鷲掴みにして、さらには目にも優しい「Darcula」がオススメですw


2-5. 必要ツールをダウンロード

 左の画像は設定の確認をしていて、右の画像は必要なツールのダウンロード完了したときの画像です。ツールのダウンロードは私の環境で5分ほどでした





2-6. 設定完了!


2-7. Android SDK と JDK のパスを確認

 Android SDK(Software Development Kit)、JDK(Java Development Kit)のそれぞれのパスが設定されていなければ、アプリケーションがコンパイルできなかったり、AVD(Android Visual Device) が起動できなかったり、ADB(Android Debug Bridge) コマンドや java コマンドが実行できなかったりするので、そのときには設定するようにする。

 補足ですが、JDK のパスの部分には Android Studio の JRE(Java Runtime Environment) のパスを代わりに入れておいてもいいみたいです。というか初期設定がそのようになっていました。


まとめ

 今回は Android Studio のインストールと基本的な設定方法について書いていきましたが、Android Studio であれば、思っているよりはるかに簡単に設定できます。唯一面倒なのは、JRE(Java Runtime Environment) へのシステム環境のパスを追加しないといけない点ですかね。そうしないと、コマンドプロンプトで ADB コマンドを実行できないのです ><

次回は JRE と JDK について書いていきます。質問等あったらどんどんしてください!

<追記>

Android Studio 3.1 がリリースされたので記事を更新しました!(2018/03/26)