Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS CLIを用いてEC2インスタンスを起動停止させる(windows)

目的

コンソールにいちいちログインして起動停止するのが面倒なため
自動で起動停止させたい。

事前準備

windows環境の場合、事前にインストーラーをダウンロードしていないと
CLIを実行出来ないため、以下からダウンロードを行う。
・Windows に AWS CLI をインストールする

※因みに上記インストーラはwinSV2008の場合使用出来ないので、
winSV2008にてAWS CLIを使用したい場合はpipを使ってください。
・Windows で Python と pip を使用して AWS CLI をインストールする

初期設定

セットアップ
aws configure
各項目にを入力していく
AWS Access Key ID [None]: *************ID
AWS Secret Access Key [None]: ******************************KEY
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: json

※AccessKeyID、SecretAccessKeyは実行したい環境のものを入れる。
 regionについては実行環境のリージョンを設定する(東京ならap-northeast-1)
 outputは基本的にjsonで問題ない。

設定確認
aws configure list

アクセスキー、シークレットキー、リージョンの情報が誤っていた場合は
aws configureを実行して再設定を行う。
※因みにAWS configureのファイルは ".aws"にあるのでそこでも現在の設定を確認出来る。

インスタンス起動/停止

起動

インスタンス起動コマンド
aws configure list

※"i-XXXXXXXX"の部分に起動させたいインスタンスのIDを入れる。

OSが立ち上がるまでチェックしたい場合
#waitを使う
aws ec2 wait instance-status-ok --instance-ids i-XXXXXXXX

停止

インスタンス停止コマンド
aws ec2 stop-instances --instance-ids i-XXXXXXXX
完全に停止するのを見たい場合もwaitが使える
aws ec2 wait instance-stopped --instance-ids i-XXXXXXXX

上記内容のコマンドをbatchとして作成しておいてタスクスケジューラに登録しておけば
インスタンスの起動、停止の自動化も可能です。

参考情報

AWS CLI エラーのトラブルシューティング
コマンドラインオプション
AWS Command Line Interface ユーザーガイド

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away