Edited at

【Python3】学校の休講情報のGoogleカレンダーからクラスを仕分けて予定に登録するやつを定期的に動かした


はじめに

こうゆうのがあります。

【Python3】学校の休講情報のGoogleカレンダーからクラスを仕分けて予定に登録したい

これをサーバーで定期的に実行されるようにしたいと思い、

Herokuを利用してPythonを動かしてみました。

以下のサイトがとても参考になりました。

全部無料で、自動ツイートするbotを作る

Pythonで作ったTwitterのbotをHerokuで動かす


使い方


カレンダーの登録

以下にそれぞれのクラスの休講情報のみが追加されるGoogleカレンダーのリンクを記載しています。

自分のGoogleカレンダーに追加したいクラスのリンクを開き、

自分のGoogleカレンダーに追加してください。

右下にGoogleカレンダーに追加できるところがあります。

image.png


カレンダーの削除

消したい場合は消したいカレンダーの設定を開き、

カレンダーの削除から登録を解除してください。

image.png


クラスごとの休講情報カレンダー


1年生

1-1

1-2

1-3

1-4

1M

1E

1S

1C

女子(学年共通)


2年生

2-1

2-2

2-3

2-4

2M

2E

2S

2C

女子(学年共通)


3年生

3M

3E

3S

3C

3年生英語


4年生

4M

4E

4S

4C

4年生選択&英語


5年生

5M

5E

5S

5C

5年生選択,英語


専攻科1年生

1MS

1ES

1CA

専攻科1年生


専攻科2年生

2MS

2ES

2CA

専攻科2年生


Heroku

ここからは、Herokuを使ったPythonアプリの実行方法の自分用メモ。


Herokuを使う準備


アカウント登録

https://jp.heroku.com/


heroku cli

Arch Linuxを使っているのであればAURにある

$ yay -S heroku-cli


Procfile


Procfile

clock: python src/main.py



実行

デプロイまで済ませたらこれで実行

$ heroku ps:scale clock=1


停止

$ heroku ps:scale clock=0