Help us understand the problem. What is going on with this article?

rubyのバージョンアップ

rubyのバージョンアップする時の方法

この記事は私の備忘録として記載していきます。
何か間違っている場合があれば、ご指摘していただけると助かります。

現在の環境

ruby 2.6.3
rails 5.2.3

目的

rubyのバージョンを2.6.5にしたいです。

環境にバージョンがあるか確認します。

$ rbenv install --list

もし、指定したいバージョンがなければ

$ brew upgrade ruby-build

をしてください。

もう一度確認で

$ rbenv install --list

rbenvでインストール

指定したいバージョンがあれば次に、rbenvでインストールをします。

$ rbenv install 2.6.

インストールされました!!

インストールしたバージョンを使用する時

$ rbenv versions
  system
  2.4.1
  2.5.1
  2.5.3
* 2.6.3 (set by /Users/user_name/hoge/.ruby-version)
  2.6.
  • 環境全体にrubyバージョンを反映したい時
$ rbenv global 2.6.5
  • 特定のプロジェクトのみ反映したい時
$ rbenv local 2.6.5

もう一度確認で

$ rbenv versions
  system
  2.4.1
  2.5.1
  2.5.3
  2.6.3 
* 2.6.5(set by /Users/user_name/hoge/.ruby-version)

反映されました。

rubyのバージョンごとにgemをインストールしなければいけないので

$ gem install bundler

インストールできました。
Gemfileに使用するバージョンを書き換えて

$ bundle install --path=vendor/bundle

できました。

rubyのバージョンを上げた後にrailsコマンドを使おうとすると、下記のようになってしまった。

ruby.rb
$ rails --version
rbenv: rails: command not found

The `rails' command exists in these Ruby versions:
  2.6.5

新しくインストールしたrubyの中にrailsというgemが入っていないために起こっているようだ。

目的

新しくインストールしたruby環境にrailsをインストールをする
まず、gemをアップデートします

$ gem update --system

次にbundlerをインストールします

$ gem install bundler

その次にrailsをインストールします

$ gem install rails

バージョンを確認します。

$ rails --version
Rails 5.2.3

バージョンが表示されたらrails コマンドが使えるようになっている

まとめ

初めてのQiita記事でした。記事一つ書くだけでも長時間かかってしまいました。
本日はバージョンのアップデートやバージョン指定など頻繁にあるので、備忘録としてここに書かせて頂きました。
どんどん記事を書いてアウトプットしていきたいと思います。

この記事は、下記の記事を参考にさせて頂きました。

rbenvでRubyのバージョンを最新安定版にupdate

rbenvでrubyのバージョンを上げたときに The `rails' command exists in these Ruby versions: となる

とても、勉強になりました。ありがとうございます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした