Help us understand the problem. What is going on with this article?

SharePoint REST サンプル集

More than 1 year has passed since last update.

SharePoint 2013、SharePoint 2016、SharePoint Online で使える REST のサンプルを思いついた時にメモ代わりにこの記事へ掲載していきます。

前の投稿で、Excel を使って REST の結果を整形する手法を書きましたが、ここに記載の REST も、同じように Excel で使用可能です。
色々試してみてください。

SharePoint REST の文法について、バージョンは 2013 ですがまとまった資料があります。
壁紙(デスクトップではなく、壁面に貼るリアルな壁紙)になっているので、いつも目に留まるところに貼っておくと便利かも。
SharePoint 2013 REST Syntax

サイトコレクション設定関連

■ サイトコレクションの設定
https://[サイトコレクションの URL]/_api/site/

■ サイトコレクションでアクティブにしている機能
https://[サイトコレクションの URL]/_api/site/features?$select=definitionid,displayname

サイト設定関連

■ サイトの設定
https://[サイトの URL]/_api/web/

■ サイト内のサブサイト一覧
https://[サイトの URL]/_api/web/webs

■ サイト内のリスト一覧
https://[サイトの URL]/_api/web/lists

■ サイト内のリストのアイテム数の一覧
https://[サイトの URL]/_api/web/lists?$select=Title,ItemCount

■ サイトでアクティブにしている機能
https://[サイトの URL]/_api/web/features?$select=definitionid,displayname

ユーザー、SharePoint グループ関連

■ カレントユーザーの表示名やメールアドレスなどの情報
https://[サイトの URL]/_api/web/currentuser

■ サイト内の SharePoint グループ一覧
https://[サイトの URL]/_api/web/sitegroups

■ サイト内のユーザーの一覧
https://[サイトの URL]/_api/web/siteusers

■ SharePoint グループに属するユーザーの一覧
https://[サイトの URL]/_api/web/sitegroups?$expand=Users

リスト、ライブラリ関連

■ リストの設定
https://[サイトの URL]/_api/web/lists/getbytitle('[リストのタイトル]')

■ リストの列の設定
https://[サイトの URL]/_api/web/lists/getbytitle('[リストのタイトル]')/fields

■ リストのビューの設定
https://[サイトの URL]/_api/web/lists/getbytitle('[リストのタイトル]')/Views

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした