Edited at

gRPC status codeの一覧

HTTPのステータスコードにあたる概念がgRPC Codeであり、以下で定義されている。

https://github.com/googleapis/googleapis/blob/master/google/rpc/code.proto

例えばGo言語だと以下にprotoから生成されたコードがある。

https://github.com/grpc/grpc-go/blob/master/codes/codes.go


一覧

適当に翻訳していく。


OK = 0


  • エラーなし。成功を返した。

  • HTTPだと 200 OK


CANCELLED = 1


  • 処理がキャンセルされた。通常は呼び出し側によるキャンセル。

  • HTTPだと 499 Client Closed Request

Lを2つ重ねるスペルなことに注意。後述


UNKNOWN = 2


  • 不明エラー。他のアドレス空間から受け取ったステータスを、適切にマッピングできなかったときに返される。

  • 十分なエラー情報が得られなかったとき、このエラーに変換される可能性がある。

  • HTTPだと 500 Internal Server Error


INVALID_ARGUMENT = 3


  • クライアントが無効な引数を指定した。


  • FAILED_PRECONDITIONとは異なる。 INVALID_ARGUMENT は、システムの状態にかかわらず問題となる引数(例えば、不正なファイル名)を示す。

  • HTTPだと 400 Bad Request


DEADLINE_EXCEEDED = 4


  • 操作が完了する前にタイムアウトした。

  • システムの状態を変更する操作の場合、操作が正常に完了した場合でもこのエラーが返されることがある。たとえば、サーバーからの成功した応答が、期限が切れるのに十分なだけ長く遅延した可能性がある。

  • HTTPだと 504 Gateway Timeout


NOT_FOUND = 5


  • 要求されたエンティティ(ファイルやディレクトリなど)が見つからなかった。

  • 開発者への注意


    • 段階的ロールアウトや秘密のホワイトリストなど、特定のユーザー区分全体に対する要求が拒否された場合は、 NOT_FOUNDを使うことができる。

    • ユーザごとのアクセス制御など、一部のユーザに対して要求が拒否された場合、 PERMISSION_DENIED を使用するべき。



  • HTTPだと 404 Not Found


ALREADY_EXISTS = 6


  • クライアントが作成しようとしたエンティティ(ファイルやディレクトリなど)が既に存在する。

  • HTTPだと 409 Conflict


PERMISSION_DENIED = 7


  • 呼び出し元に、操作を実行する権限がない。


  • PERMISSION_DENIEDはリソースを使い果たしたことによる拒否のために使ってはならない


    • その場合、代わりにRESOURCE_EXHAUSTEDを使用する



  • 呼び出し側を識別できない場合は、PERMISSION_DENIEDを使用するべきではない


    • その場合、代わりにUNAUTHENTICATEDを使用する。



  • このエラーコードは、要求が有効であること、または要求されたエンティティが存在すること、または他の前提条件を満たすことを意味しない

  • HTTPだと 403 Forbidden


UNAUTHENTICATED = 16


  • リクエストに適切な認証情報がない

  • HTTPだと 401 Unauthorized


RESOURCE_EXHAUSTED = 8


  • 一部のリソースが使い果たされている

  • ユーザーごとの割り当て量不足

  • またはファイルシステム全体のスペース不足

  • HTTPだと 429 Too Many Requests


FAILED_PRECONDITION = 9


  • システムが操作の実行に必要な状態ではないため、拒否された。


    • たとえば、削除するディレクトリが空でない場合、rmdir操作がディレクトリ以外に適用される場合など。



  • HTTPだと 400 Bad Request


  • FAILED_PRECONDITION, ABORTED, UNAVAILABLE の使い分け


    • クライアントが失敗した呼び出しだけを再試行できる場合は UNAVAILABLE

    • クライアントがより高いレベルで再試行する必要がある場合(たとえば、クライアントが指定したテストおよび設定が失敗した場合、クライアントがread-modify-writeシーケンスを再開する必要があることを示す)は、ABORTED

    • システム状態が明示的に修正されるまでクライアントが再試行してはいけない場合は FAILED_PRECONDITIONを使用する。例えば、ディレクトリが空でないために "rmdir"が失敗した場合、ファイルがディレクトリから削除されない限りクライアントは再試行してはいけないので FAILED_PRECONDITION




ABORTED = 10


  • 操作が中止された。通常、シーケンサチェックの失敗やトランザクションの中止などの同時実行性の問題が原因。


  • FAILED_PRECONDITION, ABORTED, UNAVAILABLEの使い分けは前述のガイドラインを参照。

  • HTTPだと 409 Conflict


OUT_OF_RANGE = 11


  • 操作が有効範囲を超えて実行された。 たとえば、過去のファイルの終わりを探したり読んだりした。


  • INVALID_ARGUMENTとは異なり、このエラーはシステム状態が変化した場合に修正されるかもしれない。たとえば、32ビットファイルシステムは、[0,2 ^ 32-1]の範囲にないオフセットで読み込むように要求された場合には INVALID_ARGUMENTを生成するべき

  • 単に、現在のファイルサイズを超えたオフセットから読み込むように要求された場合、それは OUT_OF_RANGEを生成するべき


  • FAILED_PRECONDITIONOUT_OF_RANGEの間にはかなりの重複がある。

  • 可能ならばOUT_OF_RANGE(より具体的なエラー)を使用することを推奨。ファイルシステムを探索する場合、呼び出し元はOUT_OF_RANGEを検査すれば終わったかどうか簡単に検出できるようになる。

  • HTTPだと 400 Bad Request


UNIMPLEMENTED = 12


  • その操作は実装されていないか、サポートされていない。

  • HTTPなら 501 Not Implemented


INTERNAL = 13


  • 内部エラー

  • 基盤となるシステムが期待するいくつかの不変条件が破られたことを意味する。

  • このエラーコードは重大なエラーのために予約されている。

  • HTTPなら 500 Internal Server Error


UNAVAILABLE = 14


  • サービスが現在利用できない。 おそらく一時的な状態で、バックオフで再試行することで修正できる。


  • FAILED_PRECONDITION, ABORTED, UNAVAILABLEの使い分けは前述

  • HTTPなら 503 Service Unavailable


DATA_LOSS = 15


  • 修復不能なデータ欠損や破損が起きた

  • HTTPなら 500 Internal Server Error


gRPC→HTTP 対応表

一応抜き出して表にまとめてみる。概念が1対1ではないことがわかる。単純には比較できないことに注意されたし。


  • HTTPはサーバー側のみでステータスを吐くのに対して、gRPCではクライアント側でもエラーを吐くことがある(CANCELLEDとか特に)

gRPC
HTTP

OK = 0
200 OK

CANCELLED = 1
499 Client Closed Request

UNKNOWN = 2
500 Internal Server Error

INVALID_ARGUMENT = 3
400 Bad Request

DEADLINE_EXCEEDED = 4
504 Gateway Timeout

NOT_FOUND = 5
404 Not Found

ALREADY_EXISTS = 6
409 Conflict

PERMISSION_DENIED = 7
403 Forbidden

UNAUTHENTICATED = 16
401 Unauthorized

RESOURCE_EXHAUSTED = 8
429 Too Many Requests

FAILED_PRECONDITION = 9
400 Bad Request

ABORTED = 10
409 Conflict

OUT_OF_RANGE = 11
400 Bad Request

UNIMPLEMENTED = 12
501 Not Implemented

INTERNAL = 13
500 Internal Server Error

UNAVAILABLE = 14
503 Service Unavailable

DATA_LOSS = 15
500 Internal Server Error


gRPC Gatewayでの gRPC→HTTP 対応表

実はprotoと完全一致ではなく、若干アレンジが加わっているようだ。


cance*ll*ed? cance*l*ed?

CANCELLED はアメリカ英語つづりではないけど、protoに書かれてるのでこれでいいらしい。

Go版ではわざわざコード中の定数が Canceled アメリカ英語つづりになるように修正されてた。


参考