Help us understand the problem. What is going on with this article?

VMware ESXi 6.0 u2のデータストアを拡張する(Nested構成)

More than 1 year has passed since last update.

■はじめに

VMware Workstationに構成したESXi 6.0 u2の、datastore増量を実施した作業記録です。
(今回はNested構成関係ないですが)

このページのブランチです。
【まとめ】VMware Workstation上のVMware ESXi 6.0 u2に仮想OS(CentOS 6.4)を作成する(Nested構成)
https://qiita.com/Higemal/items/2304efc70c8220319614

■実施イメージ

仮想OS(VMware ESXi 6.0)のリソース(初期datastore)の拡張をするため、VMware vSphere Clientからdatastore容量の増加を実施します。
image.png



ESXi datastoreと物理デバイスの関係については以下のようなイメージで考えています。
image.png
#今回はNested構成なので物理デバイスもVMware Workstationで作った仮想デバイスですが。

■マシン

仮想OS   VMware ESXi 6.0 u2
      datastore1 40GB -> 80GB

HyperVisor VMware Workstation 12 Player
      仮想HDD 120GB

物理ホスト Windows 7 Home Premium SP1 64bit
      HDD 250GB

■実施手順

1.vSphehe Clientへのログイン
省略。ちなみに、今回は非メンテナンスモードで実施してます(忘れてただけ)。



2.datastoreのプロパティ選択
ESXiホストにて、「構成」-「ハードウェア」-「ストレージ」-「データストア」から、対象のデータストアを選択し、右クリックから「プロパティ(P)」を選択します。
(今回はdatastore1を選択)
image.png



3.容量の増加
datastoreの「プロパティ」から、「拡大...」を選択します。
image.png

「データストアの容量の増加」の画面が起動します。
image.png

datastoreにエクステントするデバイスを選択します。
image.png

ディスクレイアウトを確認します。本当に見るだけの画面。
image.png

お待ちかね、追加する容量を投入します。デフォルトではエクステントデバイスの最大量が追加されちゃうので、今回は絞って割り当てをします。
image.png
↑デフォルト/↓今回は40GBだけ割り当てて追加
image.png

最終確認画面なので、「終了(F)」で確定させます。
image.png



4.実施後の確認
datastoreの「プロパティ」から、合計容量が増加したことが確認できました。
image.png

「構成」-「ハードウェア」-「ストレージ」-「データストア」からも、実施対象のdatastoreが容量増加していることの確認ができました。
image.png

完了!

■所感

所要時間15分くらい。慣れればこれも楽勝の類かなと思います。自動化や大量実施については要調査。

■参考

【まとめ】VMware Workstation上のVMware ESXi 6.0 u2に仮想OS(CentOS 6.4)を作成する(Nested構成)
https://qiita.com/Higemal/items/2304efc70c8220319614

以上です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away