Edited at

Ubuntu 14.04にjenkins 2.73.2をインストールする(OS上に直接)

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

「継続的インテグレーション」っていう響きにだまされて、Jenkinsをインストールしてみた流れになります。今回のインストールはTomcat等の上ではなく、OS上に直接インストールした内容になります。


インストールする環境

Ubuntu 14.04.3

Java JDK 1.8

CPU 仮想2プロセッサ

メモリ 2GB

ディスク 20GB

(VMwareWorkstatin上に構築した仮想マシン)


インストール要件

以下、Ubuntuオフィシャルサイト(英語)より確認。

メモリ256MB以上(512MB以上推奨)、ディスクに10GB以上の空き容量、あとJavaはJDKかJREで8、という要件になっています。


Prerequisites

For this tour, you will require:

A machine with:

256 MB of RAM, although more than 512MB is recommended

10 GB of drive space (for Jenkins and your Docker image)

The following software installed:

Java 8 (either a JRE or Java Development Kit (JDK) is fine)

Docker (navigate to Get Docker at the top of the website to access the Docker download that’s suitable for your platform)


https://jenkins.io/doc/pipeline/tour/getting-started/


インストール手順

Jenkinsインストール(CUI)

Jenkins初回セットアップ(GUI)

①ブラウザからのインストール確認

②Unlock Jenkinsの実施

③プラグインインストール方式の選択

④プラグインの選択

⑤プラグインインストール

⑥管理ユーザ作成

⑦完了確認


Javaインストール

は、省きます。他サイト等をご確認ください。

#なお、私は間違えてJava7をインストールして見事3時間ほどハマりました。以下記事にJava8のインストール手順も手短に書いています。


Ubuntu 14.04でjenkins 2.60.1-1 0 以降のインストールに失敗する(怨み言つき)

https://qiita.com/Higemal/items/c0b55fabe754565839f9



Jenkinsインストール(CUI)

以下コマンドを実行し、Jenkinsをインストールします。

$ wget -q -O - https://pkg.jenkins.io/debian/jenkins-ci.org.key | sudo apt-key add -

$ sudo sh -c 'echo deb http://pkg.jenkins.io/debian-stable binary/ > /etc/apt/sources.list.d/jenkins.list'
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install jenkins

https://wiki.jenkins.io/display/JENKINS/Installing+Jenkins+on+Ubuntu

#4行目コマンドにてインストール自体は完了


Jenkins初回セットアップ(GUI)


①ブラウザからのインストール確認

インストール後、ウェブブラウザに以下のURLを入れることで、Jenkinsの初回セットアップ画面が起動します。

http://localhost:8080

※localhostにはマシンのホスト名を入れてもOK


②Unlock Jenkinsの実施

ブラウザにでかでかと出ているUnlock Jenkinsを実施します。解除用のパスワードは「/var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword」にあるので、中身をcatして確認し、ブラウザの入力欄に入れて「continue」ボタンを押します。

$ sudo cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword

#「/var/lib/jenkins/secrets」がパーミッション700となっているため、root権限でしか中身を見れません。

#当該ファイルは初回セットアップ後に消える模様です(どこのタイミングで消えたかは不明)。


③プラグインインストール方式の選択

インストール方式を2択で選択します。今回は何をインストールするかを確認したいので、「Select plugins to install」を選択します。


④インストールプラグインの選択

ブラウザ上にずらずらとプラグインが出るため、選択します。デフォルトで選択されているものが20個ありました。今回はプラスで以下1つを追加選択しています。

・Dashboard View

※当方初心者のため、推奨プラグインについては別サイト等を参考ください。

#以下はデフォルト内容をスクショした内容






⑤プラグインインストール

以下画面にてインストール進捗が出るので、しばらく待ちます。5分くらい。


⑥管理ユーザ作成

セットアップの最後となります。管理ユーザの作成として、必要情報を記入します。

なお、メールアドレスの空白にして「Save and Finish」を押すと固まって動かなくなります(なりました)。その際は画面更新(F5)を実行すれば再びこの画面に戻ってこれます。なんでもよいのでメールアドレスは入力しましょう。

http://hopita.hatenablog.com/entry/2017/05/28/123950


⑦完了確認

以下「Jenkins is ready!」画面が表示されれれば、初回セットアップ完了です。「Start using Jenkins」でJenkinsトップ画面になります。お疲れ様でした。




参考

Getting Started with the Guided Tour

(Jenkins公式ドキュメント/インストール要件(英語))

https://jenkins.io/doc/pipeline/tour/getting-started/

Installing Jenkins on Ubuntu

https://wiki.jenkins.io/display/JENKINS/Installing+Jenkins+on+Ubuntu

Jenkinsを使ってiOSの自動ビルドおよびテストをする(Jenkins準備編)

http://hopita.hatenablog.com/entry/2017/05/28/123950

Jenkinsの導入(インストール)[Ubuntu 14.04 LTS]

http://tracpath.com/works/devops/jenkins_-installation/

Jenkins実践入門

http://gihyo.jp/book/2011/978-4-7741-4891-5