Posted at

VMware Workstation上のVMware ESXi 6.0 u2に仮想OS(CentOS 6.4)をインストールする(Nested構成)

More than 1 year has passed since last update.


■はじめに

ESXiに仮想OSをインストールします。Nested構成ということ以外はありふれた内容ですがご容赦。


このページのブランチです。

【まとめ】VMware Workstation上のVMware ESXi 6.0 u2に仮想OS(CentOS 6.4)を作成する(Nested構成)

https://qiita.com/Higemal/items/2304efc70c8220319614



■実施イメージ

VMware ESXi 6.0上の仮想OSとして、CentOS 6.4 64bitを搭載してインストールを実施します。

image.png

#CPU/Memory/diskはESXiの仮想マシン作成時に設定してあるので、ESXi操作ではisoイメージの搭載くらいです。


■マシン

仮想OS   CentOS 6.4 64bit <- 仮想マシン(cent64-gn01)上にインストール

仮想マシン host名 cent64-gn01 / cpu 1core / Memory 2GB / disk 20GB

       (VMware ESXi 6.0 u2で作成済)

仮想OS   VMware ESXi 6.0 u2

HyperVisor VMware Workstation 12 Player

物理ホスト Windows 7 Home Premium SP1 64bit


■実施手順(概要)


手順1.仮想マシン設定の編集からisoイメージの登録

仮想マシンの作成は完了していますが、まだisoファイルが読み込めない状態ですので、その登録作業を実施します。

まず仮想マシンを選択し、「仮想マシン設定の編集」をクリック。

image.png

警告はスルーします。

image.png

今回はデータストア内にCentOSのISOファイルを配置しているので、「CD/DVDドライブ1」から、データストアISOファイルの設定をします。「デバイスタイプ」のラジオボタンの「データストアISOファイル」から、「参照...」でISOファイルを選びます。

image.png

「データストアの参照」から、ISOファイルを選択します。

image.png

#複数選択はできないみたいです(試してだめでした)。

「デバイスのステータス」の「パワーオン時に接続」を選択しておきます。物理で言えばcd/dvdドライブにisoのdvdを突っ込んである状態にするという感じ。これを選択せずに30分悩みました(別記事参照)。「OK」を押して確定させます。

image.png



■手順2.仮想マシン設定の起動

仮想マシンを選択し、トップ画面から「仮想マシンのパワーオン」を選択します。

image.png

#ここまでがvSphere Client側の操作になります。



■手順3.仮想OS(CentOS 6.4)のインストール

あとは通常のCentOSのインストールと同様です。

「Install or upgrade an existing system」を選択。

image.png

Disc Found画面では「skip」を選択。ここで「OK」を押すとハマります。

image.png

GUIのインストール画面が起動しました。

image.png

言語選択は「Japanese(日本語)」で。

image.png

#デフォルトはEnglish(English)

キーボードも「日本語」で。

image.png

#こっちはデフォルトから「日本語」でした。

ストレージデバイスは「基本ストレージデバイス」で。

image.png

#ここはあんまりわかってない

ストレージデバイスの警告は「はい。含まれていません。どのようなデータであっても破棄してください。」を選びます。以下のイメージが理解できれば怖くないですよね。

image.png

・イメージ

image.png

#広げてもきれとる

image.png

ホスト名の投入です。

image.png

#やっぱりここが一番悩んでたのしい

タイムゾーンは「アジア/東京」で。

image.png

#デフォルトのまま。

rootパスワードの設定です。

image.png

インストールタイプの設定。デフォルトのままです。

image.png

#よくわかってないです

警告はスルーします。

image.png

進捗画面。

image.png

インストールタイプを選択します。今回は「Basic Server」を選択。

image.png

#デフォルトはMinimal

インストール進捗画面。

image.png

しばらく待つと、おめでとうされます。再起動を選択します。

image.png

VMでも再起動はちゃんとしてくれます。

image.png

Centの起動シーケンス。

image.png

#RedHatの赤バーよりCentの青バーの方が好きです。

無事、ログイン画面までたどり着けました。

image.png

完了!


■所感

実は2か所ぐらいハマったところがありましたが、それが無ければ30時間以内でなんとかなるかもですね。


■参考

ゲスト OS のインストール

https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/6.0/com.vmware.vsphere.vm_admin.doc/GUID-90E7F734-D699-4603-B222-AF4DE84459C7.html

CentOS 6(CentOS6インストールの注意点)

http://partnerweb.vmware.com/GOSIG/CentOS_6.html

VMware ESXi ゲストOSのインストール

http://www.unix-power.net/vmware/guestos_install.html

VMwareでISOイメージを使ってLinuxをインストールするには

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/464vmwareuseiso.html

【まとめ】VMware Workstation上のVMware ESXi 6.0 u2に仮想OS(CentOS 6.4)を作成する(Nested構成)

https://qiita.com/Higemal/items/2304efc70c8220319614