CentOS
Network
SSH
centos7

CentOS 7.4 ssh接続までのNW設定


■はじめに

本内容は、インストールしたてのCentOS 7.4 を、外部ssh出来るまでのNW設定を記載します。


■内容

手順1.host名設定

手順2.ipアドレス設定(デバイス設定)

手順3.ssh設定


■手順1.host名設定

・host名設定

hostnamectl set-hostname <ホスト名>

[root@localhost ~] # hostnamectl set-hostname test-01

・host名確認

hostnamectl

[root@localhost ~] # hostnamectl

Static hostname: test-01
Icon name: computer-vm
Chassis: vm
Machine ID: xxxxxxxxxxxxx mask xxxxxxxxxxxxx
Boot ID: xxxxxxxxxxxxx mask xxxxxxxxxxxxx
Virtualization: vmware
Operating System: CentOS Linux 7 (Core)
CPE OS Name: cpe:/o:centos:centos:7
Kernel: Linux 3.10.0-693.el7.x86_64
Architecture: x86-64


■手順2.ipアドレス設定(デバイス設定)

NW設定はnmcliより行います。

※NICについては、2portついている前提となります。

nmcliの概念は、1つのデバイス(NIC)に複数の接続設定(connection)がぶら下がっているイメージになります。利用中の接続設定はup、それ以外の接続設定はdownという構成になるため、最終的に使用したい接続設定は必ずupにする必要があります。

image.png

・デバイス認識状態の確認

nmcli device

[root@localhost ~] # nmcli device

デバイス タイプ 状態 接続
ens160 ethernet 切断済み --
ens192 ethernet 切断済み --
lo loopback 管理無し --

・接続設定の新規作成

nmcli connection add type <デバイスタイプ> ifname <デバイス名> con-name <接続設定名>

[root@localhost ~] # nmcli connection add type ethernet ifname ens160 con-name eth0

接続 'eth0' (33d62189-7c9c-499a-9e30-aca4dd73c376) が正常に追加されました。
[root@localhost ~] # nmcli device
デバイス タイプ 状態 接続
ens160 ethernet 接続済み eth0
ens192 ethernet 切断済み --
lo loopback 管理無し --

・接続設定にIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイの設定

nmcli connection modify <接続設定名> ipv4.method manual ipv4.address <ipアドレス>/<サブネットマスク>

nmcli connection modify <接続設定名> ipv4.gateway <デフォルトゲートウェイ>

[root@localhost ~] # nmcli connection modify eth0 ipv4.method manual ipv4.address 12.34.56.78/24

[root@localhost ~] # nmcli connection modify eth0 ipv4.gateway 12.34.56.1

・接続設定の確認

cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-<接続名>

[root@localhost ~] # cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

TYPE=Ethernet
PROXY_METHOD=none
BROWSER_ONLY=no
BOOTPROTO=none
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=eth0
UUID=1d0dc04b-2608-4b5c-acb5-fb73d97ff1d7
DEVICE=ens160
ONBOOT=yes
IPADDR=12.34.56.78
PREFIX=24
GATEWAY=12.34.56.1


静的IPにしたい場合、以下を確認。

4行目 BOOTPROTO=none ←noneまたはstaticとなっている(dhcpとなっていない)ことを確認

15行目 ONBOOT=yes ←yesとなっていることを確認(noだとOS起動時にNWがつながらない)


・接続接続の起動

nmcli connection up <接続名>

[root@cent74-gn01 ~]# nmcli connection up eth0

接続が正常にアクティベートされました (D-Bus アクティブパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/3)

・インターフェース状態確認

nmcli

[root@cent74-gn01 ~]# nmcli

ens160: 接続済み to eth0
"VMware VMXNET3 Ethernet Controller"
ethernet (vmxnet3), 00:0C:29:52:3B:4C, hw, mtu 1500
ip4 デフォルト
inet4 12.34.56.78/24
inet6 AAAA::BBBB:CCCC:DDDD:EEEE/64

lo: 管理無し
"lo"
loopback (unknown), 00:00:00:00:00:00, sw, mtu 65536

・ネットワークの設定変更の反映

systemctl restart network.service


■手順3.ssh設定

こちらを参考

Linux(CentOS7)でSSHを利用する。

https://qiita.com/sango/items/816136188387221f05b3

※rootでsshは不可。sshログイン用ユーザを作成する。


■出典/参考

・host名系

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/networking_guide/sec_configuring_host_names_using_hostnamectl

https://www.server-memo.net/centos-settings/centos7/hostname.html#CentOS7

https://qiita.com/n-oshiro/items/d18ab37bce2b25b2d5b0

・IPアドレス系

https://go-journey.club/archives/4124

https://www.slideshare.net/enakai/rhel7-network-managerv10

http://enakai00.hatenablog.com/entry/20140712/1405139841

・ssh系

https://qiita.com/sango/items/816136188387221f05b3