Help us understand the problem. What is going on with this article?

CentOS 7.4 ssh接続までのNW設定

More than 1 year has passed since last update.

■はじめに

本内容は、インストールしたてのCentOS 7.4 を、外部ssh出来るまでのNW設定を記載します。

■内容

手順1.host名設定
手順2.ipアドレス設定(デバイス設定)
手順3.ssh設定

■手順1.host名設定

・host名設定
hostnamectl set-hostname <ホスト名>

[root@localhost ~] # hostnamectl set-hostname test-01

・host名確認
hostnamectl

[root@localhost ~] # hostnamectl
   Static hostname: test-01
         Icon name: computer-vm
           Chassis: vm
        Machine ID: xxxxxxxxxxxxx mask xxxxxxxxxxxxx
           Boot ID: xxxxxxxxxxxxx mask xxxxxxxxxxxxx
    Virtualization: vmware
  Operating System: CentOS Linux 7 (Core)
       CPE OS Name: cpe:/o:centos:centos:7
            Kernel: Linux 3.10.0-693.el7.x86_64
      Architecture: x86-64

■手順2.ipアドレス設定(デバイス設定)

NW設定はnmcliより行います。
※NICについては、2portついている前提となります。

nmcliの概念は、1つのデバイス(NIC)に複数の接続設定(connection)がぶら下がっているイメージになります。利用中の接続設定はup、それ以外の接続設定はdownという構成になるため、最終的に使用したい接続設定は必ずupにする必要があります。
image.png

・デバイス認識状態の確認
nmcli device

[root@localhost ~] # nmcli device
デバイス  タイプ    状態      接続 
ens160    ethernet  切断済み  -- 
ens192    ethernet  切断済み  -- 
lo        loopback  管理無し  -- 

・接続設定の新規作成
nmcli connection add type <デバイスタイプ> ifname <デバイス名> con-name <接続設定名>

[root@localhost ~] # nmcli connection add type ethernet ifname ens160 con-name eth0
接続 'eth0' (33d62189-7c9c-499a-9e30-aca4dd73c376) が正常に追加されました。
[root@localhost ~] # nmcli device
デバイス  タイプ    状態      接続 
ens160    ethernet  接続済み  eth0
ens192    ethernet  切断済み  -- 
lo        loopback  管理無し  -- 

・接続設定にIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイの設定
nmcli connection modify <接続設定名> ipv4.method manual ipv4.address <ipアドレス>/<サブネットマスク>
nmcli connection modify <接続設定名> ipv4.gateway <デフォルトゲートウェイ>

[root@localhost ~] # nmcli connection modify eth0 ipv4.method manual ipv4.address 12.34.56.78/24
[root@localhost ~] # nmcli connection modify eth0 ipv4.gateway 12.34.56.1

・接続設定の確認
cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-<接続名>

[root@localhost ~] # cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
TYPE=Ethernet
PROXY_METHOD=none
BROWSER_ONLY=no
BOOTPROTO=none
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=eth0
UUID=1d0dc04b-2608-4b5c-acb5-fb73d97ff1d7
DEVICE=ens160
ONBOOT=yes
IPADDR=12.34.56.78
PREFIX=24
GATEWAY=12.34.56.1

静的IPにしたい場合、以下を確認。
4行目 BOOTPROTO=none ←noneまたはstaticとなっている(dhcpとなっていない)ことを確認
15行目 ONBOOT=yes ←yesとなっていることを確認(noだとOS起動時にNWがつながらない)

・接続接続の起動
nmcli connection up <接続名>

[root@cent74-gn01 ~]# nmcli connection up eth0
接続が正常にアクティベートされました (D-Bus アクティブパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/3)

・インターフェース状態確認
nmcli

[root@cent74-gn01 ~]# nmcli
ens160: 接続済み to eth0
        "VMware VMXNET3 Ethernet Controller"
        ethernet (vmxnet3), 00:0C:29:52:3B:4C, hw, mtu 1500
        ip4 デフォルト
        inet4 12.34.56.78/24
        inet6 AAAA::BBBB:CCCC:DDDD:EEEE/64

lo: 管理無し
        "lo"
        loopback (unknown), 00:00:00:00:00:00, sw, mtu 65536

・ネットワークの設定変更の反映
systemctl restart network.service

■手順3.ssh設定

こちらを参考

Linux(CentOS7)でSSHを利用する。
https://qiita.com/sango/items/816136188387221f05b3
※rootでsshは不可。sshログイン用ユーザを作成する。

■出典/参考

・host名系
https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/networking_guide/sec_configuring_host_names_using_hostnamectl

https://www.server-memo.net/centos-settings/centos7/hostname.html#CentOS7

https://qiita.com/n-oshiro/items/d18ab37bce2b25b2d5b0

・IPアドレス系
https://go-journey.club/archives/4124

https://www.slideshare.net/enakai/rhel7-network-managerv10

http://enakai00.hatenablog.com/entry/20140712/1405139841

・ssh系
https://qiita.com/sango/items/816136188387221f05b3

Higemal
ド底辺SIer。会社で使う自分用カンペを作成中。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away