Help us understand the problem. What is going on with this article?

Amazon echoで流れた曲をスプレッドシートへ記録しつつPrimeMusicへのリンクを貼る

More than 1 year has passed since last update.

前置き

GoogleHome mini 3台買っただけで飽き足らず、Primeデーの半額セールで echo dot まで買ってしまったので、ちょっと遊んでみました。

基本的にやってることは、以下の記事でされていること+αです。スプレッドシートに記録されるのはいいけれど、この曲いいなーと思った時に調べるのが面倒だったから、リンクまで自動で生成しておけばいいんじゃないのと思った次第。

[参考] IFTTTを使ってAmazon echoで流れた音楽のタイトルと歌手名をslackとspreadsheetに連携する

IFTTTでの設定

基本設定は上記参考記事をご覧いただくとして……追加で設定するところだけ書いておきます。
Formatted Row の欄を以下のように設定します。

{{PlayDateTime}} ||| =HYPERLINK("https://music.amazon.co.jp/search/{{SongName}}+{{ArtistName}}","{{SongName}}") ||| {{ArtistName}} ||| {{AlbumName}}

image.png

||| っていうのはセル列の区切りになります。

私は曲名をリンク化しましたが、他でも構いませんし、URLとかいうセル列を追加しても良いと思います。
あと、アーティスト名のところにGoogleリンクを貼るようにするとか。GETパラメータ渡すだけなので簡単に色々できそうですね。

結果

スプレッドシートで途中からリンクがつくようになってます。
image.png

リンク先に飛んで見ると、ほらこの通り。
image.png

ね、簡単でしょう?

ちなみに、ランダムで再生された PrimeMusic のリストの命名と選曲とがちょっと頭オカシイ感じで、「夜のランニング用ヘヴィメタル~ミドルテンポ 」なのに、何故か、チルボドやメガデスやソナタアークティカが入って思いっきり高速に疾走しているっていう……

Hi_Noguchi
ピティナ(一般社団法人全日本ピアノ指導者協会) 本部 CTO / 株式会社東音企画 外部 CTO。 育休一年 ( 2019/03/01 ~ 2020/02/29 ) 取得完了!
https://hi-noguchi.com/
piano
ピティナは音楽指導者の団体で、また世界最大のピアノコンクールを主催する団体でもあります。 「~音楽の必要性を社会に向けて立証する~」ため、エンジニアを採用し始めました!!
http://recruit.piano.or.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした