Posted at

グループポリシーによるポータブル デバイス制御方法

More than 3 years have passed since last update.

【ホームページ抜粋】

WPDとは、Windows Vista 以降の OS に標準的に備わっている、携帯電話、デジタル カメラ、

音楽プレーヤーのようなポータブル デバイスとの通信手段を提供するドライバ ベースの

テクノロジーです。WPD は API を有しており、デバイスの状態を調べたり、デバイスを

制御する (写真を撮る、メッセージを送るなど) アプリケーションを開発することができます。

なお、Windows XP の場合、別途 Windows Media Player 10 または 11 をインストールする

必要があります。

スマート フォンや従来の携帯電話を USB で PC につないでファイルの転送をする際、通常、

「MTP モード」や「PTP モード」など、事前にモードの選択をする必要があります。

この MTP や PTP というのは WPD が使用している通信手段のことで、現在、WPD が

主に使用しているものは以下の 3 つとなります。

•Picture Transfer Protocol (PTP) - 携帯電話やデジタル カメラなどに画像ファイルを

転送するためのプロトコル

•Media Transfer Protocol (MTP) - PTP を拡張し、携帯電話や音楽プレイヤーなどに

音楽ファイルや動画ファイルも転送できるようしたプロトコル

•Mass Storage Class (MSC) - 従来から使われている USB を介したファイルの転送技術

【ホームページ】

http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2014/08/18/wpd.aspx