Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rails6の環境構築でエラーになる場合の対処法

新たな環境を構築して、Railsでサーバーを立ち上げるまでに躓いたことをまとめています。
主にyarnやwebpack周りです。
間違った箇所がありましたら、指摘していただけると大変助かります。

環境

macOS Catalina 10.15
Ruby 2.6.5p114
Rails 6.0.0

サーバー起動

プロジェクトのルートディレクトリに移動し、以下のコマンドでサーバーを立ち上げることができます。

$ rails s

しかし、ここで問題が発生します。

$ rails s
=> Booting Puma
=> Rails 6.0.0 application starting in development 
=> Run `rails server --help` for more startup options
RAILS_ENV=development environment is not defined in config/webpacker.yml, falling back to production environment
""以下略""

どうやらwebpack周りの設定が原因で起動できないようです。
webpackはnode.jsで動作していて、これを動かすにはyarnというnode.jsのパッケージマネージャが必要となります。

yarn install

yarnをインストールするには、以下のコマンドです。

$ brew install yarn

yarnをインストールした後にサーバーを起動すると、次のようなエラーになる場合があります。

========================================
  Your Yarn packages are out of date!
  Please run `yarn install --check-files` to update.
========================================


To disable this check, please change `check_yarn_integrity`
to `false` in your webpacker config file (config/webpacker.yml).

言われた通りに$ yarn install --check-filesを実行すればokです。

プロジェクトを作り直してサーバー起動

今回はwebpack周りの設定ファイルの自動生成に必要であったyarnがインストールされていないことによって、生成に不備が生じたことがサーバーを起動できない原因でした。
この段階であればプロジェクトを作り直した方が早いので、先ほど作成したプロジェクトは破棄して、新たにrails newでプロジェクトを作り直しましょう。
作り直したプロジェクトではサーバーが起動できるはずです。
http://localhost:3000にアクセスして、以下の画面が表示されれば成功です。

最後に

他のところでも躓いていたような気がしたのですが、環境を整えてから記事を書くまでに2週間近く経っていたので忘れてしまいました、、、思い出したら追記します。
今回はQiita初投稿ということで、練習の意味も含めた投稿でした。新しいPCを手に入れてウキウキでコード書いてるので、今後ともお付き合いいただければと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした