Posted at

node.jsの導入

More than 3 years have passed since last update.


はじめに


node.jsってなに?

サーバサイドで動作するJavaScriptです。

大量のリクエスト処理やリアルタイム通信の

処理に優れています。

詳しくはこちらで

http://gihyo.jp/dev/serial/01/nodejs/0001


node.jsの導入にあたり

nodebrewという、node.jsのバージョン管理ツールを利用して

インストールを行っていきます。


バージョン管理ツール

使用するプログラミング言語のバージョンを簡単に切り替える事が

可能になるツールです。

プロダクト毎に言語のバージョンに依存するコードが必ず存在するので、

プログラミング言語のインストールにはほぼ必須のツールです。



Windows

バージョン管理ツール使うと言っておきながら使いません。

こちらからインストーラをダウンロードして使って下さい。

※バージョン管理ツールが無いわけではないですが、割愛しています。

http://nodejs.org/

下記コマンドでバージョン情報が表示されればOKです

$ node -v



Mac, Linux


nodebrewをインストール

詳しくは公式を参照ください

https://github.com/hokaccha/nodebrew

下記コマンドでインストール

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup


パスを通す

.bashrc等の設定ファイルに以下を加えてパスを通します

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

下記コマンドでバージョン情報が表示されればOKです

$ nodebrew -v


最新のnode.jsを確認

下記コマンドでバージョン情報がわかります。

node.jsは2番目の数値が偶数なのが安定板、奇数なのが開発版です。

e.g. v0.10.26 ←安定板 v0.11.12 ←開発版

$ nodebrew ls-remote


安定版をインストール

# $ nodebrew install-binary [ver]

$ nodebrew install-binary 0.10.32


使用するnodeのバージョンに設定

# $ nodebrew use [ver]

$ nodebrew use v0.10.32

以下コマンドを実行して、バージョンが表示されればOK

$ node -v


その他


使用するnode.jsのバージョンを切り替える

$ nodebrew use [ver]


nodebrewにインストールされているnode.jsの一覧を確認する

$ nodebrew ls