Posted at

[Google App Engine] 開発環境構築から、アプリケーション作成までの流れ

More than 3 years have passed since last update.

GAEの開発環境として使用していたMacBook Proが壊れたので、MacBook Airに改めてGoogle AppEngine(GAE)向けの開発環境を再構築しました。その際に諸々の手順を忘れてしまっていたので、改めて備忘録として記したメモです。

トライアルでいろいろなことを試す環境なので、プロジェクト名をplaygroundとし、その下にアプリを作成して行きます。


  1. Google AppEngine SDK for Pythonをここからダウンロードしてインストール

  2. SDKに同包されているDjangoを使用するためのPATHを通す

  3. GAEプロジェクト作成

  4. GAEアプリケーション作成

1. Google AppEngine SDK for Pythonをここからダウンロードしてインストール

インストーラをダウンロードしてインストールするだけなので、ここは簡単でした。

2. SDKに同包されているDjangoを使用するためのPATHを通す

ホームディレクトリで下記の作業を行います。

vim等のテキストエディタで、.bashrcと.bash_provileを作成し、それぞれ下記の行を追加します。

~/.bash_rc

export PYTHONPATH='/usr/local/google_appengine/lib/django-1.5/'
export PATH=$PATH:/usr/local/google_appengine/lib/django-1.5/

~/.bash_rc

if [ -f ~/.bashrc ]; then
. ~/.bashrc
fi

source ~/.bashrc

source ~/.bash_profile

Djangoの管理タスクを実行するためのdjango-admin.pyを実行可能にするため、以下をコマンドラインで実行します。

chmod 744  /usr/local/google_appengine/lib/django-1.5/django/bin/django-admin.py

3. GAEプロジェクト作成

作業ディレクトリに移動します。例えば、ホームディレクトリの直下のディレクトリDevelopmentで作業するとします。

cd ~/Development

~/Developmentに移動したあと、以下をコマンドラインで実行し、Deployの単位となるプロジェクトを作成します。

/usr/local/google_appengine/lib/django-1.5/django/bin/django-admin.py startproject playground

4. GAEアプリケーション作成

endopoint機能を試したかったので、endpointというアプリケーションを作成します。



cd playgroud

python manage.py startapp endpoint

以上で、一旦アプリケーション作成まで行きました。

ここから先はまた別の機会に。