Mac
timemachine

Mac覚書 TimeMachineでNASを使用する方法

More than 1 year has passed since last update.


概要

開発環境をまるっと保存する為、TimeMachineを使ってバックアップすることに。

自分のMBAでは、USB接続のHDDを使用してTimeMachineを運用している為、

NASでの設定方法が分からなかったので調査。

新しいNASならばTimeMchineに対応している(と思う)ので、外付けHDDとあまり変わらない感じで

使えるのかもしれませんが…今回使用したNASはちょっと古いから非対応(?)だったので、

BUFFALOさんが用意してくれているTimeMachine用の設定ができなかったことが問題でした。

(新しいNASでも下記のNo.1の工程は必要なのかも…)


参考サイト

http://keroctronics.web.fc2.com/timemachine.html

http://d.hatena.ne.jp/Kazzz/20111214/p1


設定方法

以下は、Mac側での設定になります。

今回、NAS(BUFFALO LinkStation LS-320GL)側での設定変更は特にしませんでした。

すでにWindows環境で使うための設定が済んだ状態だったので、真っ新な状態であれば

何か設定が必要だったのかもしれません(曖昧な情報で、ごめんなさい)


1.バックアップ先をネットワーク共有しているボリュームも対象にする

 通常だとバックアップ先としては「内蔵ストレージ」「USB接続された外付けストレージ」

 「Time Capsule」の3種類しか使用できないそうで、その中に「ネットワーク共有している

 ボリューム」を追加するためにターミナルから下記のコマンドを入力する

 sudo defaults write com.apple.systempreferences TMShowUnsupportedNetworkVolumes 1

 意味としては、設定ファイルの「com.apple.systempreferences.plist」の  

 「TMShowUnsupportedNetworkVolumes」という設定値を「1」に変更すると

 ネットワーク共有しているボリュームも対象に出来るそうな。


2.ホスト名とMACアドレスを調べる

 次の工程のイメージ作成で設定するファイル名を下記の仕様にする為、

 Macのホスト名とMACアドレスを調べる

 ホスト名+"_"+MACアドレス(:は除く)

 ホスト名:リンゴマーク⇒システム環境設定⇒共有⇒コンピュータ名

      ※今回は編集押下で表示されるダイナミック・グローバル・ホスト名を使用しました。

 MACアドレス:リンゴマーク⇒このMacについて⇒システムレポート

        ⇒(右)ネットワークのWi-Fi⇒(左)MACアドレス

        ※有線LANの場合は違うMACアドレスになるらしい


3.イメージ作成

 ディスクユーティリティーでイメージを作成する。

 まずはヘッダーメニューの「新規イメージ」をクリック。

 下記の内容を入力します。

 名前(上部):2で決めた名前を入力

 名前(下部):任意

 サイズ:後で変更するので、初期値のままでOK

 フォーマット:MaxOS拡張(ジャーナリング)

 暗号化:なし

 パーティション:ハードディスク

 イメージフォーマット:スパースハンドル・ディスクイメージ

 最後に「作成」をクリックして終了。

 その後、作成したイメージを取り出してアンマウントし、ローカルからNAS上へファイルをコピー。


4.イメージファイルのサイズ変更

 NAS上のイメージをクリックし、マウントします。

 その後、ディスクユーティリティーを開いて、取り出し「イメージのサイズを変更」をクリックし

 イメージファイルサイズを変更します。

 今回は、参考サイト様同様150GBにしました。

 (Macのストレージが500GB・使用容量は約100GBの状態で、最終的に必要な容量は105GBでした)


5.イメージファイルのフォーマット

 ディスクユーティリティーのパーティションメニューで1パーテーションに設定しフォーマット。

 フォーマットが完了したら、パーティションを選択して、下部のマウントポイントをメモしておきます。


6.バックアップの保存先をスパースディスクイメージにする

 3~5で作成したイメージをバックアップの保存先に設定するため、ターミナルから下記のコマンドを入力

 ※今回マウントポイントが「/Volumes/TimeMachine」だったので、下記のコマンドとなった

 sudo tmutil setdestination /Volumes/TimeMachine


7.TimeMachineを起動

 起動するも…バックアップ先が開けないとかでエラー(泣)

 何が悪いんだろうと模索しつつ、参考サイト様で紹介されいた「イメージの自動マウント」の設定を

 足してみたいり、もう一度イメージファイルを作り直したりやってみましたが、

 最終的には、ディスクユーティリティの「ディスクを検証」を行ったら動き始めました…

 

 何が原因で、何をきっかけに動き出したのか分かっていませんが…

 とりあえずTimeMachineでNASが使えるようになりました

 (もやっとした結末で、ごめんなさい)


最後に

 他のサイト様でも書かれていましたが、すごく時間かかりそうです。

 現在「残り約10時間」という案内が表示されています(汗) 

スクリーンショット 2016-05-25 13.07.05.png