Help us understand the problem. What is going on with this article?

OS X のパッケージマネージャー Homebrew(ホームブルー) をインストールする

More than 3 years have passed since last update.

どこにでもあるHomebrew(ホームブルー)のインストール方法です。
Homebrewのホームページから辿れるインストール説明を見ればできると思います。
では、説明に手順に入っていきます。

0. Homebrewとは

まずHomebrewとはです。
Homebrew(ホームブルー)とは、OS X用のパッケージ管理システムの1つです。
これを利用することにより、OS X標準搭載されていないパッケージや最新のパッケージなどが用意にインストールすることができるようになります。
他のパッケージ管理システムにはMacPortsなどがあります。

1. インストール環境について

今回は、MacBook Pro(Retina, 13-inch, Mid 2014)へインストールです。
現在までにインストールしているソフトウェアは、Google ChromeGoogle 日本語入力だけの状態です。
OS Xはバージョンアップしており、OS X Yosemite v10.10.1となっています。

2. インストール準備

Homebrewのトップページだけ見るとコマンドライン一発な感じがしますが、残念ながらひと手間いります。
(こちらインストール説明に記述されています)
最低限 Command Line Tools for Xcode が必要になります。

2.1 Xcodeインストール

Command Line Tools for Xcode が必要になるので、最新のXcodeをインストールしましょう。
Mac App Store より手に入れましょう。
スクリーンショット 2015-01-19 19.06.20.png

インストール後にLaunchpadを開いたらアイコンが追加されています。
スクリーンショット 2015-01-19 19.38.38.png

2.2 Xcode設定

Xcodeを起動して、各種変更を終了させましょう。
スクリーンショット 2015-01-19 19.38.59.png

2.3 Command Line Tools for Xcode のインストール

ターミナルを開いて...
スクリーンショット 2015-01-19 19.42.12.png

インストール...

  $ xcode-select --install 

スクリーンショット 2015-01-19 19.42.26.png

インストールされたら終わりです。
スクリーンショット 2015-01-19 19.44.51.png

3. Homebrewインストール

さて、Homebrewをインストールします。

3.1 1ライナー実行

ホームページに載っている1ライナーを実行します。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

2度ほどインストールが停止し継続確認やパスワード入力があります。

==> Installation successful!

と出力されていればインストール終了です。

3.2 インストール状態確認

Homebrewのインストールされて状態を確認します。

$ brew doctor

下記のように表示されたらOKです。

$ brew doctor
Your system is ready to brew.
$

Homebrewは、日々更新されますので、良く確認することになります。

以上で、インストールは終了です。

4. 番外編

もしHomebrewを完全に削除したい場合のために。

4.1 アンインストール方法

アンイストールについて書かれています。
https://github.com/Homebrew/brew/blob/master/docs/FAQ.md#how-do-i-uninstall-a-formula

4.2 通常インストールから削除するには

gistからscriptを持ってきて実行するだけです。
持ってくるスクリプトはここにあります。

実行するとこんな感じ。

$ sh ./uninstall_homebrew.sh
Already on 'master'
Pruned 0 dead formulae
Tapped 172 formulae
Pruned 0 symbolic links and 2 directories from /usr/local
$
HOKARI_Yutaka
フリーのインフラエンジニア
http://blog.hokari.net/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away