ESP32 用 Arduino 開発環境の初の安定版 1.0.0 がリリースされたのでセットアップした 20180730 版


概要

つい最近(20180728), ESP32 用 Arduino 開発環境 Arduino core for ESP32 WiFi chip の初の安定版 1.0.0 がリリースされました. インストールする際に, コマンドラインで色々する必要はなく Arduino IDE のメニューからインストールできるようになってるようなので, そのセットアップ手順をまとめました.

https://github.com/espressif/arduino-esp32/releases より

This is the first stable release of Arduino for ESP32 for Arduino Package Manager

なお, この記事では秋月電子等で売ってる ESP32-DevKitC を対象にしていますが他のボードでもほぼ同じだと思います.


インストール

ドキュメントの Arduino IDE Boards Manager を使ってインストールする手順に従う.



  • Arduino Software のページDownload the Arduino IDE から最新版 Arduino IDE をダウンロードしてインストール(この記事を書いている時点では 1.8.5).

  • Arduino IDE を起動して, メニューから Arduino - Preferences... を選択.


  • Additional Board Manager URLs に以下を追加して OK.

https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json


  • メニューから Tools - Board - Boards Manager... を選択. Filter your search... のテキストボックスに esp32 と入力. esp32 by Espressif Systems version 1.0.0 を選択して Install. インストールが終わったら Close.

  • メニューから Tools - Board - ESP32 Dev Module を選択( ESP32-DevKitC の場合).


動作テスト


  • ESP32-DevKitC を USB ケーブルで PC と接続.

  • Arduino IDE のメニューから Tools - Port - /dev/cu.SLAB_USBtoUART を選択(Mac OS Xの場合).

  • もし /dev/cu.SLAB_USBtoUART 表示されない場合は Silicon Labs の CP210x USB - UART ブリッジ VCP ドライバ をインストール.

  • 一番単純そうなサンプルスケッチを実行する. メニューから File - Examples - (Examples for ESP32 Dev Module) - ESP32 - ChipID - GetChipID を選択.


GetChipID.ino

uint64_t chipid;  

void setup() {
Serial.begin(115200);
}

void loop() {
chipid=ESP.getEfuseMac();//The chip ID is essentially its MAC address(length: 6 bytes).
Serial.printf("ESP32 Chip ID = %04X",(uint16_t)(chipid>>32));//print High 2 bytes
Serial.printf("%08X\n",(uint32_t)chipid);//print Low 4bytes.

delay(3000);

}



  • スケッチウインドウの Upload を押して Done uploading. と表示されるまで待つ.

  • スケッチウインドウの Serial Monitor を押して, 115200 baud を選択.

  • 以下のような行が 3 秒毎に表示されれば動作テスト完了.

ESP32 Chip ID = XXXXXXXXXXXX

(略)


まとめ


  • ESP32 用 Arduino 開発環境の初の安定版リリース.

  • Arduino IDE の Board Manager からインストールできるようになってる.

以上.