Edited at

Macのスクリーンショットについての小技

WFや仕様書などのドキュメント作成において、スクショを撮って貼り付けることはよくあると思いますが、

スクショに撮り方わからんって人がいたので、書いておきました。

特にアプリケーションを落とさず大体のことはできるので、覚えておいて損はないでしょう。


Mac

キー
内容

⌘ + shift + 4
範囲指定のスクリーンショット

⌘ + shift + control + 4
範囲指定のスクリーンショットをクリップボードにコピー

⌘ + shift + 4 + space
アプリケーションウィンドウ単位でのスクリーンショット

⌘ + shift + control + 4 + space
アプリケーションウィンドウ単位でのスクリーンショットをクリップボードにコピー

⌘ + shift + 3
全画面

⌘ + shift + control + 3
全画面スクショをクリップボードにコピー


範囲指定後の小技

⌘ + shift + 4 でドラッグしながら範囲を指定している状態で特定のキーを押しながら選択範囲を 少し小技が使えます。

キー
内容
効果

space
範囲指定のスクリーンショット
選択範囲を固定しながら位置を調整できる

shift
範囲指定のスクリーンショット
縦幅 or 横幅を固定して範囲の調整ができる

alt(option)
範囲指定のスクリーンショット
中心位置を固定して範囲の調整ができる

shift + spaceなど組み合わせもできました。他にも何かあるかもしれないので試してみてください。


保存

デフォルトはpngでデスクトップに保存されるようになっているかと思います。

それだとサイズはでかいわデスクトップが散らかるわで大変なので、設定を変えました。


ファイルの保存形式の変更

ターミナルで下記のコマンドを叩くだけです。

$ defaults write com.apple.screencapture type jpg

とりあえず軽くしたかったんでjpgにしましたが、pdfとかでもいけるっぽいですね。


ファイルの保存場所の変更

上記と同様に任意の場所を指定してコマンドを叩くだけです。

$ defaults write com.apple.screencapture location ~/Documents/ScreenShots

これで整理整頓が少し楽になりますね。


その他


iOSのシミュレータでスクショを撮りたい時


  • ⌘ + s


画面での操作を動画にしたい時


  • スクリーンショット.appを使う(アプリケーションのユーティリティの中にあります。)


    • グラブっていうアプリがあったと思ったんですが、気づいたらスクリーンショットっていうのに代わって(?)ましたね。



以上、久々にドキュメントを作りましたが、ホント大変ですね。

どうぞ素敵なドキュメントライフを。