Help us understand the problem. What is going on with this article?

SteamVR 2.0.1 の Interactions Example をいろいろ触ってみた

More than 1 year has passed since last update.

プロ生ちゃん Advent Calendar 2018 に向けて書きました。

大熊 元気と申します。
IoTとVRを組み合わせてデジタルツインとか、何か付加価値を出したいと思いながら日々 遊んでいます。

VRのインタラクションを作ってみました

  1. 召喚する、回転させる、持って振り回す


  2. サイズを変える


下準備

UnityとSteamVRの基本についてはこちらの資料を参考にどうぞ。


◆今回使っているVersion
Unity : 2018.2.14f1
SteamVR : 2.0.1

やってみたインタラクション

持つ(グラブ)

SteamVR Plugin のサンプルから、これを参考にする。
image.png
Throwable.cs をGameObjectにアタッチすると、下記のスクリプトが強制的にアタッチされ、Throwable一式がセットになっている。
・VelocityEstimator.cs
・Rigidbody
・Interactable.cs
・Throwable.cs

あとは対象物(プロ生ちゃん)のコライダを調整するだけ。
image.png

動かす

SteamVR Plugin のサンプルから、これを参考にする。
image.png
・LinearDrive.csにLinear MappingというObjectが仕込まれている。これがHandleと動かす対象物(プロ生ちゃん)をリンクする鍵となっている。
・Handleと対象物(プロ生ちゃん)の親子関係は必要ないので、Linear MappingでリンクしたらHandleはPlayerについてくるようにVR Cameraの下におく。
・対象物(プロ生ちゃん)のアニメーションを設定する。ここでは60フレーム後にY軸だけ720度回転とした。
image.png
サイズを変えるならScaleを変える。ここでは60フレーム後に150倍とした。
image.png

召喚する

SteamVR Plugin のサンプルから、これを参考にする。
image.png
ButtonExample.cs にPrefabを設定できるようになっているのでプロ生ちゃんのモデルに差し替える。クリスマスっぽく赤と緑を出したかったので召喚するPrefabをリスト化する。

C#
        public List<GameObject> prefabs;
        private int InstantiatedPrefabsCount = 0;

        private void Start()
        {
            hoverButton.onButtonDown.AddListener(OnButtonDown);
        }

        private void OnButtonDown(Hand hand)
        {
            StartCoroutine(DoPlant());
        }

        private IEnumerator DoPlant()
        {
            var prefab = prefabs[InstantiatedPrefabsCount];
            InstantiatedPrefabsCount++;
            if (InstantiatedPrefabsCount >= prefabs.Count)
            {
                InstantiatedPrefabsCount = 0;
            }

召喚したPrefabにはLinear Mappingのリンクがないので、スクリプトでつけてやる。

C#
            var linearAnimator = planting.GetComponent<LinearAnimator>();
            linearAnimator.linearMapping = LinearMapping;

image.png

初期位置に戻す

SteamVR Plugin のサンプルから、これを参考にする。
image.png
LockToPoint.csが使える。サイズ調整するものを持てるようにすると初期位置に戻るがほしくなる。

まとめ&考察

・SteamVR Pluginが優秀すぎる。サンプルを参考にするだけでインタラクションをいろいろできる。
・2018年9月にバージョンアップされて、サンプルが充実した。
・自分で好きなように世界を作るの楽しい。

以上です。プロ生ちゃんありがとうございました!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした