bottle超初歩入門

  • 41
    いいね
  • 0
    コメント

Pythonスクリプトを書くだけだとどうしてもモチベーション維持につながらない。
Pythonで書いたスクリプトをWebアプリケーションとして使いたい。
ブラウザで動いているのが見たいんだ!

といった場合にbottleはとても有効なフレームワークです。
最近bottle布教活動していますので、

1.イマイチ使い方が分からない。
2.何故かbottleが上手く使えない。

そういう方向け。
大体pipでインストールしようとして躓く場合が多いようなので解説します。

$ pip install bottle

これがそもそも大きな間違いです。仮想環境下でなければ当然これでは動きません。

bottleはたった1つの.pyファイルから成り立っています。
原則としてbottleはこれから作ろうとするPythonスクリプトのファイルと「同一階層」に
設置しなければなりません。

なので、bottle.pyをそのまま保存するのが簡単です。

https://raw.githubusercontent.com/bottlepy/bottle/master/bottle.py

このソースをbottle.pyとして保存します。
フォルダの階層としては、

myapp/ bottle.py
       index.py

のようになります。

ここまで出来たらindex.pyの中身を公式と同じように書いてみます。

index.py
from bottle import route, run, template

@route('/hello/<name>')
def index(name):
    return template('<b>Hello {{name}}</b>!', name=name)

run(host='localhost', port=8080)
$ cd myapp
$ python index.py

http://localhost:8080/hello/world にアクセスして動いていればOK。

非常に薄いですが本にまとめました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01MQU38Y0

追記 Flaskもいいぞ

ほとんどbottleと同じ感じでいけます。
http://qiita.com/Gen6/items/ff1d163acf0fa7687454

例によって本にまとめてます。
https://www.amazon.co.jp/dp/B0714D1VGP