JavaScript
Windows
Node.js
nodist

Nodist を使って、Node.js のバージョン管理を行う方法【 Nodist 導入編 】


はじめに

Nodistのインストール手順をまとめてみた。 #メモレベル

インストールする際に、いろんなサイトを見に行くのが面倒なので、

自分が引っかかった箇所を重点的に記載してます!


Node.jsのバージョン管理ツール (nodist, nvm, nodebrew etc)

Node.jsには複数のバージョン管理ツール (nodist, nvm, nvmw, nodebrew) があるが、

今回は、Windows専用のNode.jsバージョン管理ツール「Nodist」をインストールしてみる。


[ Node.js バージョン管理ツール一覧 ]

1. nvm

→ Mac OSX/Linux用のバージョン管理ツール

2. nodebrew

→ Mac OSX/Linux用のバージョン管理ツール (Perl製)

3. Nodist

→ Windows専用のバージョン管理ツール



Nodistのインストール方法


1. 下記サイトより、最新のインストーラー「NodistSetup-v0.8.8.exe」をインストールする。

Nodist - Releases


2. インストーラーを実行すると、Nodistのセットアップウィザードが開くので、作業を進める。

インストール先は、下記パス指定。

C:\Program Files\Nodist

※こちらのパスはお好みでどうぞ!

インストール作業が完了すると、nodistコマンドのパスが設置されていますが、

PCを再起動しないと有効にならないようなので、一度PCを再起動します。


Nodistのバージョンを確認

C:\Users\User名> nodist -v

0.8.8

これで、Nodistのインストール作業は完了です。

自分の備忘録用にと書きましたが、PC再起動させてシステム環境変数を反映させるところ以外は、詰まらずに進めることができました。


node.jsのバージョンが切り替わるか検証を行う。

まず、nodistを使ってインストール可能なNode.jsのバージョン一覧を確認します。

$ nodist dist

と、その前にデフォルトでインストールされているNode.jsのバージョンを確認しておきましょう。

$ nodist ls

(x64)
> 7.2.1 (global: v7.2.1)

デフォルトでは、Node.js(v7.2.1)がインストールされているので、

今回は、検証用(Nodistを使ってNode.jsのバージョンを切り替えれるかどうか)に、

最新バージョンのNode.js(v8.1.2)をインストールしてみます。

$ nodist + v8.1.2

8.1.2 [=====================] 22677/22677 KiB 100% 0.0s
8.1.2

たった、10秒足らずでインストールが完了しました。

さて、この状態で、node -vを試してみましょう。

この時点では、デフォルトのNode.js(v7.2.1)が実行されます。

続いて、さきほどインストールしたNode.js(v8.2.1)に切り替えます。

切り替えるには、下記コマンドを実行する必要があります。

$ nodist v8.2.1

v8.2.1

上記にて、実行されるnode.exeのパスが変わります(はず)。

$ node -v

ドーーーーーーーン!!!

v7.2.1

変わらない。世の中そんな甘くないですよねーw


コマンドの叩き方が間違っていた??? (汗

[追記]


今試したら、V付きでも実行できますね。:frowning2:

もしv付きで切り替わらない人は、v無しで試してみてください!

(下記手順あり)


すみません、コマンドの叩き方が間違えておりました!

誤) $ nodist v〇.〇.〇

正) $ nodist 〇.〇.〇

※バージョンを表す「v」がいらなかった。

ちなみに、こちらのコマンドを実行してもエラーは出ない、

むしろ変更されているかのように「v〇.〇.〇」と出力される。

気を取り直して、下記コマンドを実行!

$ nodist 8.1.2

8.1.2
Default global packge update dsuccessful.

↑なんか誤字のような気もするが出力結果は上記の通りになる。

nodeのバージョンを確認してみる。

$ node -v

ドーーーーーン!!!

v8.1.2

バージョンを切り替えることに成功しました:point_up:

最後に、nodist lsコマンドで、global設定になっているnode.jsのバージョンを確認してみると、、

$ nodist ls

(x64)
7.2.1
> 8.1.2 (global: 8.1.2)

Node.js(v8.1.2)に切り替わっていることが確認できると思います!!!

いやーすっきりしました。


おわりに

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

困ったときは、nodist --helpを活用しましょうw