VirtualBox

VirtualBox の仮想ディスクサイズを拡張する

More than 5 years have passed since last update.

全体としては次の手順で操作していきます。


  1. 仮想マシンの状態確認

  2. 仮想マシンのバックアップ

  3. 仮想ディスクサイズの拡張

  4. 仮想ディスク情報の確認

バックアップまでは GUI からできるのですが、

仮想ディスクサイズの拡張はなぜか GUI からはできません。

ここでは操作は全部コマンドで行うことにします。

コマンドは Windows と Linux の両方を表記していますが、

Linux はディストリによっては異なる動作をするかもしれません。


1. 仮想マシンの状態確認

コマンドを実行して State が "power off" になっていることを確認します。

Windows の場合

VBoxManage showvminfo 仮想マシン名 | findstr "^Name ^State"

Linux の場合

VBoxManage showvminfo 仮想マシン名 | grep -E "^Name|^State"


2. 仮想マシンのバックアップ

コマンドは Linux, Windows 共通です。

VBoxManage export 仮想マシン名 --output 出力ファイル名 --legacy09 --manifest


3. 仮想ディスクサイズの拡張

コマンドは Linux, Windows 共通です。

ディスクサイズは MB 単位 で指定します。

VBoxManage modifyhd 仮想マシン名 --resize ディスクサイズ


4. 仮想ディスク情報の確認

最後に設定したサイズになっているか確認しましょう。

コマンドのオプションにはファイル名(.vdi, .vmdk, .vhd)を指定することに注意してください。

Windows の場合

VBoxManage showhdinfo 仮想ディスクファイル名 | findstr "^Logical"

Linux の場合

VBoxManage showhdinfo 仮想ディスクファイル名 | grep -E "^Logical"

参考: VBoxManager コマンドリファレンス