Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows ノートPC を無線LAN中継器として使う

More than 5 years have passed since last update.

出張先などで LAN ポートが足りなくなって困ったことはありませんか?
実は Windows 7/8 は自身を無線アクセスポイントとして動作させることができます。
この Hosted Network Mode とかアドホックモードと呼ばれる機能を利用すると、
LAN ポートが足りなくて・・・という問題の解決になるかもしれません。

このエントリでは Windows 7/8 のノートPCを無線アクセスポイントとして動作させる方法を紹介します。

大まかな流れは下記のとおりです。

  1. Hosted Network Mode の有効化
  2. SSID の設定
  3. 無線アクセスポイント接続用パスワードの設定
  4. Hosted Network 機能の起動
  5. Hosted Network とインターネットに接続しているアダプタのブリッジ設定

1. Hosted Network Mode の有効化

なぜかデフォルトでは無効化されているので、有効化します。

netsh wlan set hostednetwork mode=allow

2. SSID の設定

他のノート PC やスマートフォン、タブレットを接続するには
SSID が必要ですので、SSID を設定します。

netsh wlan set hostednetwork ssid="SoftAP"

3. 無線アクセスポイント接続用パスワードの設定

無線アクセスポイントに接続するためのパスワードを設定します。
なお、ここで設定したパスワードで Windows にログインされることはありません。

netsh wlan set hostednetwork key="password_connect_to_hostednetwork"

4. Hosted Network 機能の起動

機能の有効化、SSID の設定、接続用パスワードの設定が終わったら、
Hosted Network を起動します。

netsh wlan start hostednetwork

5. Hosted Network とインターネットに接続しているアダプタのブリッジ設定

Hosted Network を起動すると、ネットワークアダプタの一覧に新しいアダプタが追加されます。
新しいアダプタと、インターネットに接続されているアダプタのブリッジ設定を行ってください。

注意点として、ネットワークデバイスの省電力機能が有効になっていると設定途中、
または Hosted Network の起動でエラーになることがあります。
ネットワークデバイスの省電力設定は無効にしておきましょう。

2013-05-13 15:50 リファレンス追記
Reference: About the Wireless Hosted Network

それでは良いネットワークライフを!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away