mbed
BLE
nRF51822
HRM1017
トラ技ARMライタ

mbed HRM1017 互換機を安価に作成する方法

More than 3 years have passed since last update.


概要

mbed HRM1017 互換機を HRM1017 BLEモジュールピッチ変換基板トラ技ARMライタ を使用し作成する方法です。

P_20160210_222008.jpg

下記の表の様に、1台のみですと割高ですが、ARMライタは使いまわしが可能なため、複数台では合計金額が逆転します。

※ 2016年2月10日時点での税込み価格です。

台数
mbed HRM1017
ピッチ変換基板 + ARMライタ
ピッチ変換基板
ARMライタ
差額

1
5,400円
5,919円
3,240円
2,679円
-510円

2
10,800円
9,159円
6,480円
2,679円
+1,641円

3
16,200円
12,399円
9,720円
2,679円
+3,801円


背景

mbed HR1017 は Nordic Semiconductor製の nRF51822 に対して、NXP製の LPC11u35 を介し(mbed interfaceとして使用し)、HEXファイルを書き込んでいます。

対して HRM1017 BLEモジュールピッチ変換基板は nRF51822 のみ実装されています。この環境に LPC11u35 を加えれば、 mbed HRM1017 と全く同じものが作れると考えました。

今回は トラ技ARMライタ が LPC11u35 を使用し、また、ファームウェアの書き込みも容易な環境であるため、これを利用しました。

スライド1.PNG

なお、mbed HRM1017 と HRM1017 BLEモジュールピッチ変換基板 はピン互換です。


手順


トラ技ARMライタ側の準備(初回のみ必要)

スライド2.PNG

1. こちらのwebサイト下部より、Interface Firmware (.binファイル)をダウンロードします。

2. トラ技ARMライタをPCに接続します。

3. トラ技ARMライタ上の ISP ボタンを押し続けながら RESET ボタンを押します。 RESET ボタンを離した後、 ISP ボタンを離します。

4. 外付けドライブ CRP DISABLED が認識されるので、その中にある firmware.bin を削除します。

5. 外付けドライブ中に先ほどダウンロードした Interface Firmware をドラッグ&ドロップします。

6. 書き込み完了後に、トラ技ARMライタ RESET ボタンを押下します。

7. (正常書き込みの確認)外付けドライブ MBED が認識されます。ドライブ内部の MBED.HTM を開き mbed HRM1017 のページが表示されれば、書き込みは正常に行われています。


接続

スライド3.PNG

1. トラ技ARMライタ をPCに接続します。外付けドライブ MBED が認識されます。

2. HRM1017 BLEモジュールピッチ変換基板 をPCに接続します。

3. トラ技ARMライタ と HRM1017 BLEモジュールピッチ変換基板 を10ピンコネクタで接続します。

 (ページトップの写真を参考に、1ピンの向きを間違えないようご注意ください)


書き込み

mbed HRM1017 用にコンパイル&ダウンロードした HEX ファイル(例:体温計)を、(通常の mbed HRM1017 に対して行うように)外付けドライブ MBED にドラッグ&ドロップしてください。書き込みが実行されます。

HRM1017 BLEモジュールピッチ変換基板 は、書き込み完了後自動的にリセットされます。


実行

スライド4.PNG

正常に書き込みが行われれば、HRM1017 BLEモジュールピッチ変換基板に電源供給するのみで、書き込んだプログラムの実行が開始されます。


参考


回路図

mbed HRM1017 の 回路図

HRM1017 BLEモジュールピッチ変換 の 回路図

※ SWDがInterfaceと接続されていれば、ほぼ同じ回路。


サイト

Firmware HRM1017

トラ技ARMライタを mbed interface にする(LPC1114FN28編)