LoginSignup
54
82

More than 5 years have passed since last update.

VagrantでSSH鍵の設定 - [Authentication failure. Retrying…]の対処策

Last updated at Posted at 2016-05-31

概要

vagrant起動時に、下記のエラーが出る場合の対処方法。

Authentication failure. Retrying…

原因・対処策

vagrant起動時に生成されるSSH秘密鍵と、OS上の公開鍵がマッチしてないのが原因なので、公開鍵を生成して、OS上にセットしなおす。

環境

  • Vagrant 1.8.1

SSH公開鍵を生成

秘密鍵から公開鍵を生成し、対象パッケージのOSの中に設置する。

1.秘密鍵を確認

$ vagrant ssh-config
  (**snip**)
  IdentityFile xxxx/vagrant_private_key
  (**snip**)

2.公開鍵を生成

IdentityFileに表示された秘密鍵ファイルを使って、公開鍵を生成する

$ ssh-keygen -yf xxxx/vagrant_private_key > public_key
$ ls | grep public_key
public_key # 生成されたことを確認

3.ゲストOSに生成した公開鍵を設定する

ユーザーのホームディレクトリの~/.ssh/authorized_keysの中身を、先ほど生成した公開鍵に書き換える。

$ vagrant ssh
$ cd ~

vagrantユーザー以外でログインする場合は、該当ユーザーのホームディレクトリ直下に.sshディレクトリを作る。パーミッションは重要なので、下記の通りにする。

$ mkdir .ssh
$ chmod 700 .ssh
$ chmod 600 authorized_keys

生成した公開鍵に書き換える。

$ vi authorized_keys
$ exit

4.Vagrantfileに追記

$ vi Vagrantfile

# ログイン情報、鍵の設定
config.ssh.guest_port = 22
config.ssh.username = "vagrant" # vagrantユーザーでない場合は指定
config.ssh.host = "127.0.0.1"
config.ssh.private_key_path = "xxxx/vagrant_private_key"

5.Reload

$ vagrant reload

以上

[参考]
Package化したboxを使うときによく出るエラー
Vagrant で作った VM にやってはいけない2つのこと

[関連記事]
Vagrantのインストール、設定手順
Vagrantでboxファイル作成

54
82
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
54
82