Linux
RHEL7
centos7

Linuxでよく使うコマンドまとめ①基本操作編

はじめに

恥ずかしながら、この年になって初めてLinuxを触り、勉強したので、
備忘録として残したいと思う

前提

Linuxはディストリビューション(種類)によってコマンドが多少異なる。
この記事ではRedHat系(RHEL,Cent,Fedora)について触れる。
(RedHat系は~6と7以降で大きく変化があったらしいが、この記事は7以降という前提)
一部root権限でないと出来ないものもあるが、面倒なのでシリーズ通して表記は$で統一する

基本操作編

□ディレクトリ移動(cd)

//現在のディレクトリを確認
$ pwd

//rootへ移動
$ cd /

//一つ上位のディレクトリへ移動
$ cd ../

//絶対パスで移動
$ cd /etc/sysconfig/

//相対パスで移動
$ cd /
$ cd etc/
$ cd sysconfig/


□ディレクトリの中身の表示(ls)

//現在のディレクトリの中身を表示
$ ls

//特定のディレクトリの中身を表示
$ ls /etc/sysconfig

//ディレクトリの中身の詳細を表示
$ ls -l

□ディレクトリの作成と削除

//作成
$ mkdir XXXX

//空のディレクトリを削除
$ rmdir XXXX

//中身ごと削除
$ rmdir -r XXXX

□ファイル関係(cp,mv,rm,cat)

//ファイルをコピー
$ cp file1 file1_backup

//ファイルを移動
$ mv file1 /home/ 

//ファイルを削除
$ rm file1

//ファイルの中身を表示
$ cat file1

//柔軟にファイルの中身を表示
$ less file1

//ファイルの中身を表示(viの使い方は別途)
$ vi file1

□その他 便利なもの

//ユーザをrootへ変更
$ su

//ユーザをuser1へ変更
$ su user1

//表示時にXXXXを検索(ls以外も汎用的に使える)
$ ls | grep XXXX

//電源を落とす、即落とす
$ shutdown
$ shutdown now

//再起動する
$ reboot