Edited at

Unity:マイクの音量を取得する(1)

Unityで音に合わせて何かをしたい場合、下記の手順でリアルタイムにマイクの音量を取得できます。


  • Hierarchyタブで右クリック>空のゲームオブジェクトを作る

    2019-01-09_140631.png


  • 作ったオブジェクトに[AddComponent]>AudioSourceでオーディオソースをつける

    2019-01-09_140719.png


  • AudioSource>Loopにチェックを入れる

    2019-01-09_141034.png


  • Project>Create>C#Scriptでスクリプトを作成し、MicVolumeSample.csという名前を付けて下記をコピペする



MicVolumeSample.cs

using System.Collections;

using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class MicVolumeSample : MonoBehaviour {
[SerializeField, Range(0f, 10f)] float m_gain = 1f; // 音量に掛ける倍率
float m_volumeRate; // 音量(0-1)
// Use this for initialization
void Start () {
AudioSource aud = GetComponent<AudioSource>();
if ((aud != null)&&(Microphone.devices.Length>0)) // オーディオソースとマイクがある
{
string devName = Microphone.devices[0]; // 複数見つかってもとりあえず0番目のマイクを使用
int minFreq, maxFreq;
Microphone.GetDeviceCaps(devName, out minFreq, out maxFreq); // 最大最小サンプリング数を得る
aud.clip = Microphone.Start(devName, true, 2, minFreq); // 音の大きさを取るだけなので最小サンプリングで十分
aud.Play(); //マイクをオーディオソースとして実行(Play)開始
}
}

// Update is called once per frame
void Update () {
Debug.Log(m_volumeRate);
}

// オーディオが読まれるたびに実行される
private void OnAudioFilterRead(float[] data, int channels)
{
float sum = 0f;
for (int i = 0; i < data.Length; ++i)
{
sum += Mathf.Abs(data[i]); // データ(波形)の絶対値を足す
}
// データ数で割ったものに倍率をかけて音量とする
m_volumeRate = Mathf.Clamp01(sum * m_gain / (float)data.Length);
}
}



  • 音量がログに表示される


    • (ログウィンドウが表示されていない場合はWindow>General>Consoleを選択)
      2019-01-10_194501.png



2019-01-09_141213.png

・・・のですが、このままだとマイクの音をそのままオーディオソースに流すのでハウリングを起こしてしまいます。かといってオーディオソースのボリュームを0にすると今度はマイクの音が拾えなくなります。そこで、


  • Projectタブで右クリック>Create>AudioMixer でオーディオミキサーを作る

  • オーディオミキサー>Groups>+マークをクリックし、Dummyという名前のグループを作る

  • できたDummyのボリュームを最小(-80)にする

2019-01-09_141456.png


  • 最初に作成したGameObject>AudioClip>OutputにDummyを指定する
    2019-01-09_141552.png

これでマイクで拾った音を出力しないようになり、ハウリングが起きなくなります

Unity:マイクの音量を取得する(2)