LoginSignup
3
0

More than 1 year has passed since last update.

UE5.1で追加されたFActorSpawnParameters::CustomPreSpawnInitalizationでアクターにパラメータをセットしてみる

Last updated at Posted at 2023-02-15

UE5.1からアクターを生成する時に与えるパラメータFActorSpawnParametersCustomPreSpawnInitalizationメンバが追加されました。

アクター生成時にBeginPlayが呼ばれるより前にパラメータをセットしておく方法は、ブループリントだとプロパティのExpose on Spawnにチェックを入れる、c++であればUWorld::SpawnActorDeferredでアクターを作成した後にパラメータをセットしてUGameplayStatics::FinishSpawningActorを呼び出すといった方法がありますが、CustomPreSpawnInitalizationはそれより早い段階でアクターを操作できることが特徴です。

アクターの生成処理の流れ

アクターが生まれる時の処理の流れはこちらで解説されています。

以下は一部を拝借して少し追加したものです。


  • SpawnActorが呼び出される
  • NewObject
    • コンストラクターの実行
    • PostInitProperties
  • CustomPreSpawnInitalization
  • PostSpawnInitialize
    • RegisterAllComponents (ルートコンポーネントがc++で定義されている場合)
  • PostActorCreated
  • (SpawnActorDeferredを呼び出した場合はこのタイミングでユーザーコードを実行)
  • ExecuteConstruction:
    • OnConstruction
  • PostActorConstruction:
    • PreInitializeComponents
    • InitializeComponent
    • PostInitializeComponents
  • OnActorSpawned
  • BeginPlay

CustomPreSpawnInitalizationはNewObjectが終わった後にすぐに呼び出されるため、特にRegisterAllComponentsの前にパラメータをセットしたい場合に威力を発揮します。

使い方

CustomPreSpawnInititalizationの型は TFunction<void(AActor*)> となっているのでラムダなどの形でユーザーコードを実行することができます。
以下の例はGeometryCollectionComponentを持つアクターを生成し、そのRestCollectionに任意のアセットを設定しています。
GeometryCollectionComponentはRegisterComponentが呼び出されるタイミングで適切なRestCollectionが設定されている必要があるため、CustomPreSpawnInitalizationを利用することが有効です。

void UMyBlueprintFunctionLibrary::SpawnGC(const UObject* WorldContextObject, TSubclassOf<AActor> ActorClass, UGeometryCollection* InRestCollection, FTransform InTransform)
{
	if (UWorld* World = GEngine->GetWorldFromContextObject(WorldContextObject, EGetWorldErrorMode::ReturnNull))
	{
		FActorSpawnParameters Parameter;
		Parameter.CustomPreSpawnInitalization = [&](AActor* Actor)
			{
				UGeometryCollectionComponent* Component = Actor->FindComponentByClass<UGeometryCollectionComponent>();
				if( Component )
				{
					Component->SetRestCollection( InRestCollection );
				}
			};
		World->SpawnActor<AActor>( *ActorClass, InTransform, Parameter );
	}
}
3
0
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
3
0