Edited at

[UE4] HoloLensリモートストリーミングのクイックスタートガイド

UE4.22にリリースされたHoloLensの対応を見てみましょう。

英語のクイックスタートガイドが存在していますが、日本語のマテリアルが少ないため日本語版のクイックスタートガイドを書かせていただきます。

注意:HoloLens2単独に動作するためではなく、HoloLens1でも使えるPCからのストリーミングについての記事です。

目標:HoloLensで、アイトラッキング、手振りの入力にも対応しているUE4のVR Templateのプレビューを視覚する。


推奨ハードとソフト

Windows10

U4.22以降

充電いっぱいなHoloLens


セットアップ


1- PC側

1809のアップデートが必要になります。

確認するには、

Windowsの設定->システム->バージョン情報->バージョンまで行って下さい。

もし1809以下だったら、

Windowsの設定->更新とセキュリティまで行って更新してください。

holo.png

UE4のエディターを起動して、

ファイル->新親プロジェクト->バーチャルリアリティーのテンプレートプロジェクトを新しく作って、そのプロジェクトを起動させて下さい。

VRtemplate.png

起動したら、編集->プラグイン->Microsoft Windows Mixed Realityを有効にして、エディターを再起動してください。

plugin1.png

4.png

Windowsのバージョンが合っていない場合は、このポップアップが表示されます。表示されたら、WindowsUpdateで改めてバージョンを確認して下さい。

holo2.png


2- Hololens側

Settings -> Update & Security -> For Developersまで行って、

Use Developer featuresとEnable Device Portablをどっちもオンにしてください。

UE4エディター起動しているパソコンと同じネットワークに接続してください。

WindowsストアでHolographic Remoting Playerをインストールして、起動してください。



準備は完了です。


起動

エディターのVR Templateに戻って、

ProjectSettings->Windows Mixed Realityの中で、Ip of Hololens to remote to.のフィールドでHoloLensのHolographic Remoting Playerに書いてあるIPを入れて下さい。

2019-05-28_12h18_41.png

接続が出来たら、HoloLensの画面が何も表示しないようになります。

上手く行っていない場合は、マイクロソフトのDevice Portalのドキュメントを確認してください。

そのあとは、MotionControllerMapを開けて、Playボタンの隣にある三角をクリックして、VR Previewをクリックしてください。

HoloLensで視覚と入力を出来るようになります。

操作とモーションコントロールに関しては、片手と両手でもエアタップのジェスチャに対応しています。

UE4内で、そのエアタップは MotionController (L) TriggerとMotionController (R) Triggerというイベントの名前になります。

ProjectSettings -> Input -> Action Mappingsで確認できます。

event.png

イベントの使い方とモーションコントロールの対応についての情報は、公式ドキュメンテーションを確認してください。

モーション コントローラー コンポーネントの設定

モーション コントローラーの使用方法


おまけ

英語になりますが、Microsoft Build 2019で行ったHoloLens 2ネイティブ対応に関してのハンズオン講演を観てください。

以上。