Help us understand the problem. What is going on with this article?

【UE4 WGJ】1週間でUE4使ってゲームを作りました。

More than 3 years have passed since last update.

いきさつ

Twitterでぶっさん(@Bussan_desu)さんがWeekly Game Jam(WGJ)を行うという話を耳に挟んだので、僕も参加してみました。

製作期間

WGJ以外にも追い込み期間に突入しているプロジェクトがあったのでがっつり1週間触れませんでした。
実質3日~4日くらいです。

ゲームについて

プロジェクトのリンクはこちらです
https://goo.gl/vc5qa0
(ダウンロード出来なかった場合コメント等で教えていただければ幸いです)

どんなゲーム?

端的に言えば「セインツロウの保険金詐欺モード」です。
テーマが「ファンタジー(SF)✕破壊」だったので、プレイヤーを直接フィールドに点在している破壊オブジェクトにぶつけるゲームにしました。

気合を入れた所

メインシステムそのものではなく、リザルトシーンに一番時間をかけました。
丁度UMGのアニメーションを触ってみたかったというのもあり、かなり微調整を重ねていて「これもしかすると一生調整し続けられるのでは...?」と不安になりました。
アニメーションのおかげで想定していたリザルトの動きが出来たので大変満足です。
UMGアニメーションだけではなくスコアについても色々と微調整していました。
想定していた加点方式としては「プレイヤーの加速度+被破壊メッシュの破片数」でしたが、被破壊メッシュの破片数を取得する方法が見つからなかったため断念しました。

おわりに

丁度何か小さいゲームをUE4で作りたいなと思っていたところにWGJのお話があったので、大変助かりました。@Bussan_desuさんありがとうございました。
UMGアニメーションや被破壊メッシュに関しても触ってみたかった項目だったため勉強が捗り今後もゲームで活用していきたいです。
今後、このゲームは時間があればゆっくりアップデートしていきます。ゲーム性に関しても変更を加えるつもりですので、その際はまたQiitaにて共有していきます。

Dv7Pavilion
UE4を主に触っているので投稿の殆どはUE4のTipsです。 可能な限りUE4を触り始めた方でも分かりやすいような記事にしたいので、何かご不明な点があれば Twitter : https://twitter.com/Dv7Pavilion?lang=ja や 記事のコメントにでも書いていただければ幸いです。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした