Edited at

JuliaImagesの備忘録その1

More than 1 year has passed since last update.

Juliaで画像処理をやってみようと言うことで、練習も兼ねてJulia100%で書かれたImagesの備忘録。


ここで使うもの

WindowsとMac環境で試してみましたが、OSによって別途パッケージのインストールが必要かもしれません(ImageMagick, GtkReactive等)。


  • Images

  • TestImages

  • FileIO

  • ImageView

import Pkg

Pkg.add("Images")

JuliaImagesでは、他と比べて細かい単位でパッケージ分割がされていますので、MatlabやPythonに慣れた方は一度Comparison with other image processing frameworksを見ておくといいかもしれません。


サンプル画像の読み込み

TestImagesを使います。cameramanやmandrill, lena, lena_grayなどのよく使われる画像が使えました。

Pkg.add("TestImages")

# Pkg.add("ImageMagick") # 必要かも・・・

# テスト画像の読み込み例
using Images, TestImages
img = testimage("cameraman")


画像の読み込み/書き出し

FileIOを使うと便利です。画像の読み書き専用ではありませんが、リポジトリをざっと見る限り、主要なフォーマット(bmp, png, jpg, gif, pdf...)は一通り使えそうです。フォーマット次第かもしれませんが、macだとQuartzImageIOのインストールが必要でした。

Pkg.add("FileIO")

using FileIO
img = testimage("cameraman")
save("myphoto.png", img)
img2 = load("myphoto.png")


画像の表示


Juno

描画メソッドを呼ばなくてもPlotsタブに画像を表示してくれます。


IJulia(Jupyter)

ドキュメントのここと同じですね。


ImageView

terminalなどで使う方法です。Matlabを使う場合や、PythonでOpenCVやmatplotlibを使う場合に似ていますね。

Pkg.add("ImageView")

using TestImages, Images, ImageView
img = testimage("cameraman");
imshow(img)

注意点としては、スクリプトで使う場合はこちらで紹介されているようにしないとJuliaが終了してしまいます。


ここまで。

次回は配列とcolorviewを整理します。

http://juliaimages.github.io/latest/quickstart.html