More than 1 year has passed since last update.

Device Connectって?

Device Connectはスマートフォン上に仮想のHTTPサーバを立てて、それを介してスマートデバイス(Pebble、THETA、Hue、スマートグラスなどなど)をWeb APIで操作できるGotAPIの一実装です。Got APIはOpen Mobile Allianceが仕様を策定しています。

DeviceConnect

簡単に言うと、次のような実装になっています。

deviceconnect-webapi.png

Webブラウザはスマートフォン自身のブラウザはもちろん、デスクトップブラウザからも利用できます(Androidのみ)。iOSではアプリからしか使えません。

何が嬉しいの?

スマートデバイスを操作するソフトウェアを作ろうと思うと、BluetoothやWiFi、BLEなどを使うことになります。それぞれ仕様がまちまちで、ドキュメントを読み込んで使わないといけませんでした。Device Connectを使えば、その辺りの面倒な部分はすべてDevice Connectにまかせて、Web APIだけでスマートデバイスから値を取得したり、逆にデータを送ることができるようになります。

Web APIなのでWebブラウザも使えますが、普通にREST APIとしてSwiftやJava、他のプログラミング言語から操作できます。

主に送受信できるデータ

デバイスによって色々なのですが、30種類以上あります。カメラ、バイブレーション、温度、湿度、赤外線、タッチ、電話、通知、メディアプレイヤー、ファイル、ライトなどなどです。

詳しくはスコープについて - DeviceConnect Usersをご覧ください。

操作できるデバイス

どんなデバイスでも操作できる訳ではなく、Device Connect用のプラグインが必要です。対応デバイスについて - DeviceConnect Usersに詳しく載っていますが、主なところとしてはPebble/THETA/F-PLUG/IRKit/Hue/ChromeCast/Android/iOS端末などがあります。

使い方は?

一番簡単な使い方はDevice Web API Manager - Google Play の Android アプリ(Android)またはDeviceWebAPIBrowserを App Store で(iOS)をインストールすることです。細かい使い方は次の記事以降で紹介します。

DeviceConnect Users

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.