Help us understand the problem. What is going on with this article?

【UE4】マルチプレイにおけるDedicated Serverの建て方

More than 1 year has passed since last update.

概要

  • Listen Serverもいいけど常時起動できる本格的なサーバーが立てたい!
  • Dedicated Serverと言うらしいけど調べても建て方がいまいちわからない
  • 個人の備忘録目的なので解説が雑です

やり方

  1. プロジェクト設定→マップ&モードを開く
  2. Default Mapsカテゴリ最下段のボタンを押して展開し、Server Default Mapをサーバー起動時のマップに指定する
  3. プロジェクトを保存し、プロジェクトフォルダを開く
  4. [プロジェクト名].uproject フォルダがある場所にてバッチファイルを作成する(ここでは ServerRun.bat)
  5. バッチの中身は下のように書き込み、保存する(UE4のバージョンや環境によってUE4Editor.exeへのパスが変わります、今回はCドライブにインストール64bit環境かつUE4.19の場合です) cd /d %~dp0 "C:\Program Files\Epic Games\UE_4.19\Engine\Binaries\Win64\UE4Editor.exe" "%~dp0\[プロジェクト名].uproject" Game -server -game -log
  6. 作成したServerRun.batを起動するとDedicated Serverが立ち上がる

確認方法

  1. 正常にサーバーが立っているか確認するためサーバー接続用のマップを作成する
  2. BeginPlayやUMGのボタンやらにOpen Levelノードを仕込み、接続先のサーバーIPを指定する(ポートはデフォルトだと7777です)

image.png
3.接続ができ、サーバーが存在するマップへ遷移できれば問題ありません

まとめ

  • ローカルマルチプレイヤーが主のゲームならListen Serverでも良いかもしれませんが、常時起動したり不特定多数のユーザーがアクセスするようなゲームを作るのであれば負荷や処理能力、作りやすさを加味してDedicated Serverを建てましょう!
  • 今回は面倒でやらなかったですがスタンドアロンで動作するサーバーアプリケーションも作れるようです(要UE4ソースコードからのビルド)
Developer_KanZG
関西で色んなことをしているフリーランス 会社員→個人事業主中 C#・Unreal Engine・Unityが大好き 最近はWeb系を勉強中 色んな技術にどんどん手を出していくタイプ
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした