CentOS
GCC
RaspberryPi
g++
gcc-4.9.4

RaspberryPi2 CentOS7でgcc-4.9.4 のビルドがうまくいかない→できました!

環境

raspberry pi2 on centos7

# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)
Linux version 4.4.26-v7.1.el7 (mockbuild@armv7-02.dev.centos.org) (gcc version 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-4) (GCC) ) #1 SMP Sat Oct 22 16:14:43 UTC 2016

cpuinfo: ARMv7 Processor rev 5 (v7l)

makeで標準出力の末尾に以下のメッセージが出力される

In file included from /usr/include/features.h:399:0,
from /usr/include/stdio.h:27,
from ../../../libgcc/../gcc/tsystem.h:87,
from ../../../libgcc/libgcc2.c:27:
/usr/include/gnu/stubs.h:7:29: fatal error: gnu/stubs-soft.h: No such file or directory
# include
^
compilation terminated.
make[3]: *** [_muldi3.o] Error 1
make[3]: Leaving directory /tmp/gcc-4.9.4/build/armv7l-unknown-linux-gnueabihf/libgcc'
make[2]: *** [all-stage1-target-libgcc] Error 2
make[2]: Leaving directory
/tmp/gcc-4.9.4/build'
make[1]: *** [stage1-bubble] Error 2
make[1]: Leaving directory /tmp/gcc-4.9.4/build'
make: *** [all] Error 2
``

原因

調査中・・・
何かご存じの方いらっしゃいましたら、コメントまでお願いできますでしょうか。

2017/09/25追記

gnu/stubs-soft.hを他のマシンから持ってきたり、glibcをupdateしてみたり、コンパイルオプションに
--mfloat-abi=hardを追加してみましたが、だめでした。
このまま暗礁に乗り上げそうです。

2018/11/15追記

--disable-multilib --with-float=hard をオプションにつけたところ、正常にビルドすることが出来ました。
実際のコマンド:
./configure --prefix=/usr/local/gcc-4.9.4 --disable-multilib --with-float=hard
make
make install

# gcc -v
組み込み spec を使用しています。
COLLECT_GCC=gcc
COLLECT_LTO_WRAPPER=/usr/local/gcc-4.9.4/libexec/gcc/armv7l-unknown-linux-gnueabihf/4.9.4/lto-wrapper
ターゲット: armv7l-unknown-linux-gnueabihf
configure 設定: ../configure --prefix=/usr/local/gcc-4.9.4 --disable-multilib --with-float=hard
スレッドモデル: posix
gcc バージョン 4.9.4 (GCC)

RaspberryPi2でのmakeには丸1日かかりましたので、止めたくないサービスがある場合は留意したほうがよさそうです。

コメントしてくださったみなさま、ありがとうございました。