Linux

【Linux】rsyncコマンドによるデータ同期

More than 1 year has passed since last update.

先日、NASへのデータ同期した際に使用した。

オプションとかリストの書き方など、また使うかもしれないので備忘として残す。

※キュレーション的な要素強めですが…

--


1.rsyncコマンドって何?


  • バックアップ(データ同期)を実施するときに使用するコマンド

  • リモート、ローカルを問わずにファイルやディレクトリのコピーが可能

  • 様々なオプションを使用することで柔軟にデータ同期ができる


2.rsyncコマンドの使い方

基本的な書式は下記のとおり。

rsync [オプション] コピー元パス コピー先パス

オプションについては、多々あるので以下参照。

rsyncコマンドオプション


3.対象ファイルの指定

ディレクトリを指定してコピーするときなど、一部のディレクトリやファイルは対象外としたいケースがよくある。

例)スナップショット領域、念のために取得したバックアップファイル など…

そういった場合、--exclude--includeオプションを使用することで柔軟に実現できる。

また、対象、非対象となる項目が多い場合は、リスト化することもできる。

こちらのオプションについては、以下のサイトでわかりやすくまとめられていたので参照ください。

rsync の複雑怪奇な exclude と include の適用手順を理解しよう