Ubuntu14/CentOS6xにtor入れてrelayサーバーにする

  • 2
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

centos

https://www.torproject.org/docs/rpms.html.en
ここを読みながら。

/etc/yum.repos.d/torproject.repoというファイルを作って以下の内容を書き込みます。

/etc/yum.repos.d/torproject.repo
[tor]
name=Tor repo
enabled=1
baseurl=https://deb.torproject.org/torproject.org/rpm/el/6/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=https://deb.torproject.org/torproject.org/rpm/RPM-GPG-KEY-torproject.org.asc
repo_gpgcheck=1

[tor-source]
name=Tor source repo
enabled=1
autorefresh=0
baseurl=https://deb.torproject.org/torproject.org/rpm/el/6/SRPMS
gpgcheck=1
gpgkey=https://deb.torproject.org/torproject.org/rpm/RPM-GPG-KEY-torproject.org.asc
repo_gpgcheck=1

yum install torします。

ubuntu

apt-get install torします。

以後共通

service tor start します。

/etc/tor/torrc 以下の設定になるよう編集します。

Nickname hogehoge
ORPort 9001
BandwidthRate 20 KB
BandwidthBurst 50 KB
ExitPolicy reject *:*

その他 iptables などのファイアウォールを設定します。

service tor restart します。

https://atlas.torproject.org/
で 自分のNicknameを検索して動いているか確認します。

鍵ファイルのバックアップ

/var/lib/tor/keys/secret_id_key

リレーサーバーのIPなどを移動するときは鍵のバックアップを取っておきましょう

ログの確認

cat /var/log/tor/log

参考